プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

若葉竜也、初主演作に喜びも 朝ドラ出演が誤算?「あの時は知らなかった」

『おちょやん』への出演が思わぬ誤算となったことを明かした若葉竜也 (C)ORICON NewS inc.の画像

『おちょやん』への出演が思わぬ誤算となったことを明かした若葉竜也 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の若葉竜也が9日、都内で行われた映画『街の上で』初日舞台あいさつに登壇。初主演作となった同映画の封切りを喜びながらも、NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』への出演が思わぬ誤算となったことを明かした。

【集合ショット】萩原みのり、古川琴音ら女優陣も登場!

 同作は、今泉力哉監督が共同脚本に漫画家の大橋裕之氏を迎えて、オール下北沢ロケで臨んだオリジナル脚本による長編最新作。変容する“文化の街”東京・下北沢を舞台に、古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語となっている。

 劇中で“朝ドラ”に関する話題が出てきたようで、若葉は「(封切りして)うれしいと思っているのはもちろんなのですが(公開延期になった間に)僕が図らずも朝ドラに出させていただいて(笑)。あの時は知らなかった状態なんですけど」とポツリ。今泉監督が「朝ドラに出たことで劇中のネタが潰れた(笑)。なぜ辞退しないのか?」と冗談交じりに迫ると「それはしないですよ(笑)。でも、よかったです」と切り返し、笑いを誘っていた。

 最後のあいさつで、若葉は「コロナというものがこうやって世界を変えてしまって、娯楽とか映画のあり方を考えざるを得ない状況になりました。今までは余裕がある中で楽しむものだったのが、今は余裕がない人たちだらけで、余裕を作るための娯楽に変えていかないといけない。日常も嫌なことばっかりで、最後逃げ込める場所が映画館になったらいいなと。この映画はあしただけ頑張ろうかなと思えるお守りみたいになっていると思います」と言葉に力を込めていた。

 舞台あいさつにはそのほか、穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田青渚も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ