プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中れいな、舞台降板は「非常に残念でなりません」 所属事務所は「制作側との考え方の相違」と説明

田中れいな (C)ORICON NewS inc.の画像

田中れいな (C)ORICON NewS inc.

 元モーニング娘。で女優の田中れいな(31)が、ヒロインを務める予定だった舞台『剣が君 ―残桜の舞―再演』(東京・こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ 6月2~6日)を降板することが9日、発表された。これを受け、田中が同日、ツイッターで「このような結果となってしまったことが非常に残念でなりません」と心境を語った。

【動画】昨年開催…再演予定だった『剣が君』公開ゲネプロの模様

 田中は「私は大好きな「『剣が君 ―残桜の舞―」の再演が決まり本当にとてもうれしかったです」とし、「ファンの皆さまからの『チケット買ったよ!』『楽しみにしてるね!』などの温かい声援を目にする度に私自身も絶対成功させるぞ!という気持ちでいました」と思いを明かした。

 続けて「公演間近となったこの時期にこのような結果となってしまったことが非常に残念でなりませんが新しいキャストのみなさんで演じる剣が君公演が無事に千秋楽まで成功することを願っています」と記した。

 舞台公式サイトでは9日、「この度、香夜役の田中れいなさんは諸事情により、やむを得ず降板することとなりました」と報告。「降板にあたり、公演を楽しみにされていたお客様にはご心配、ご迷惑おかけ致します事を、 心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 香夜役には、新たに浜浦彩乃が出演するとし「出演者・スタッフ一同、初日に向けて全力で稽古に邁進致します。皆様には どうか変わらぬご声援を賜りますよう心よりお願い申し上げます」とコメントした。

 田中の所属事務所もサイトを通じて「出演を予定しておりました、舞台『剣が君-残桜の舞- 再演』におきまして、このたび、公演を健全かつ円滑に進めるにあたって、舞台制作側との考え方の相違が生じたため、両社協議の結果、大変遺憾ではございますが、事務所の判断で降板することといたしました」と説明している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ