プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

岡江久美子さん命日に動画生配信でフェス開催 娘・大和田美帆が報告

岡江久美子さんの娘・大和田美帆(C)ORICON NewS inc.の画像

岡江久美子さんの娘・大和田美帆(C)ORICON NewS inc.

 昨年4月23日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった女優・岡江久美子さんの娘で女優の大和田美帆(37)が6日、自身のブログを更新。岡江さんの命日である4月23日に動画生配信で『スマイル!岡江さんフェスティバル~音楽とともに~2021.4.23 12:00~』を開催することを発表した。

【写真】仲睦まじい家族…岡江さん&娘との“親子3代ショット”を披露した大和田美帆

 大和田は「座右の銘が『毎日が祭り』だった母、岡江久美子。昨年4月23日に亡くなってもうすぐ1年が経ちます。ここのブログでも時々気持ちを書いていますが、どんなに月日が流れても、正直、私は未だに心の置き所がなく、夢の中にいるような感覚に陥ることがあります」と思いを吐露。

 「亡くなったと頭では分かっているのに心が追いついていないのが現状です。私だけでなく、ご友人、お仕事関係の皆様も同じような感覚の方がいらっしゃるのではないでしょうか」と記し「お葬式をしていないのも、この心情に関係していると思っています」とつづった。

 「せめて、一周忌にお別れ会を催し、私たち家族も一つの節目にしたかったのですが、コロナ禍が収まらない状況で、大勢の方に来ていただいてのお別れ会は難しいと判断し、延期となりました。それでも命日に、何もしないのはもどかしい。何か節目を迎えたい。」という大和田。「もう一歩前に踏み出すきっかけが欲しい。そんな時、岡江フェスティバルを思いつきました」と明かした。

 「生前、自分の両親を音楽葬で見送ったとき、『あたしも音楽葬にしてね、曲はロッドスチュアートのスマイルと、、あと、、』と具体的に話していた程、音楽が好きな母でしたが、コロナ禍で、見舞う事も看取ることも、棺桶に好きなものを入れてあげることも、母の望みだった音楽葬もしてあげられなかった」。

 「ずっと心に引っかかっているそんな母への想いを形にするために、密を避け、動画生配信で座右の銘のとおり、賑やかに楽しく笑顔いっぱいで生きた母のことを想う日になればと思っています」と伝え「母とご縁がありお世話になった方々の中から、薬丸裕英さま、真矢みきさま、西島数博さま、井上芳雄さま、安蘭けいさま、真飛聖さま、松井紀美江さま、永井みゆきさま(友人)、そして長年マネージャーを務めた中田美香が母との思い出をカメラに語ってくれました」とし、動画では父で俳優の大和田獏(70)と自身の思いなども話すという。

 なお、視聴料は全額「コロナ禍で家族との面会時間が限られながらも入院生活をがんばっている、小児がんや難病とたたかう子どもたちを支援しているNPO団体シャインオンキッズと、わたしが応援アンバサダーを務める、横浜こどもホスピスに寄付させていただきます」と説明し「ご質問、お問い合わせなどございましたら公式HP contactよりお願いいたします。また、母との思い出がある方や、私たち家族へのメッセージなどございましたら同じく、contactより送っていただきますと幸いです」と呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ