プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小川紗良の長編初監督作品『海辺の金魚』韓国・全州国際映画祭で上映決定

小川紗良の長編初監督映画『海辺の金魚』(6月25日公開)4月29日から韓国で行われる「第22回全州国際映画祭」インターナショナルコンペティション部門で上映決定 (C)2021 東映ビデオの画像

小川紗良の長編初監督映画『海辺の金魚』(6月25日公開)4月29日から韓国で行われる「第22回全州国際映画祭」インターナショナルコンペティション部門で上映決定 (C)2021 東映ビデオ

 女優・文筆家としても活動する小川紗良の長編初監督作品、『海辺の金魚』(6月25日公開)が、4月29日から韓国で行われる「第22回全州国際映画祭」インターナショナルコンペティション部門に正式招待され、海外で初めて上映されることが明らかになった。

【写真】朝ドラ『まんぷく』で福子と萬平の娘・幸を演じた小川紗良

 全州国際映画祭は韓国三大映画祭の1つで、アジアを代表するインディペンデント映画祭として注目を集めており、今回で22回目の開催となる。過去日本から同部門には、野田洋次郎主演の『トイレのピエタ』(2015年、松永大司監督)や、「第41回PFFアワード」グランプリを獲得した『おばけ』(2020年、中尾広道監督)などが招待されている 。

 小川監督は、早稲田大学在学中に是枝裕和監督に師事し、自主製作映画3作品全てが映画祭入選を果たすなど、高い評価を得ており、初の長編監督作品が海外映画祭に選出されるという快挙となった。新型ウイルス感染症により現地での登壇はできないが、現地で行われるオンラインQ&Aに出演する。

 小川監督は「全州国際映画祭は、4年前に私の初出演作(『イノセント15』)で訪れた海外映画祭です。会場だけでなく街中が映画祭に染まり、映画を中心に時が流れていく感覚がとても心地良かったのを覚えています。また観客に若者が多いことや、上映後のQ&A の盛り上がりにも刺激を受け、映画という芸術文化が愛され、守られ、生き生きと育まれていく様子を肌で感じました。そのような映画祭に、今度は初長編監督作で参加できることを心からうれしく思います。外へ出て挑んでみたいという野望が、縁のある場所で叶いました。コロナ禍で現地へ行けないことが本当に悔やまれますが、映画に想いを託します。最後に、ここまで共に作品を作り上げてくださったスタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございました。再び平穏が訪れた日には、またみんなで海外映画祭へ行きたいです」と、喜びのコメントを寄せている。

 本作は、 身寄りのない子どもたちが暮らす家を舞台に、そこで育つ少女たちの世界と心の成長を描く人間ドラマ。 2019年に鹿児島阿久根市の全面撮影協力で撮影された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ