プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

広末涼子、撮影中いきなり側転&逆立ち 暴露され大慌て「正当な理由が」

撮影中いきなり側転&逆立ちしていたと暴露された広末涼子 (C)ORICON NewS inc.の画像

撮影中いきなり側転&逆立ちしていたと暴露された広末涼子 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の玉木宏、女優の広末涼子が5日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた4月15日放送スタートのテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)の制作会見に出席した。

【全身ショット】警視庁の制服姿で登場した広末涼子

 同作は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座をめぐり、激しい出世バトルを描いていくストーリー。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣役で玉木が主演し、漣の幼なじみで正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽を広末が演じる。

 玉木は「プロファイリングを得意としてクールにトップを目指す上條漣を演じます。すごく難しくもあるんですけど、その難しさが楽しい。プロファイリングをして人のクセを見抜く。1話から人に指摘をする。指摘をしたからには、それを自分の仕草として入れられなくなる。余計なものを削ぎ落とすと難しい」と話し、難役という。広末は「感情を表に出さないクールな漣とは対照的。すぐに怒ったり、泣いたり、感情表現をする役。だからこそパーソナルな部分を引き出せる役だと思う」と役柄について語っていた。

 会見は終始和やかなムードで進行。現場の雰囲気を問われると玉木は「言うまでもなくわかると思うんですが…」と笑いつつ「まぁ、広末涼子は明るい! 女性なんですけど少年のような動きをする。いきなり側転し出したり、壁を見つけたら逆立ちしたり。すごく元気をもらってます」と暴露した。

 赤面する広末は「しましたが何か?」と抵抗。続けて「それだけを聞くと私がおかしな人になってしまう。説明をさせていただきますと、人生で初めて柔道着を着て、柔道場に行った。神聖な空気が流れていて…。スタッフもまだいない時に、衝動に駆られました…」と必死に説明。「なかなか側転ってできない。おうちでもできないし、お外でやったらマズい。だけど、『ここならできる』と。正当な理由があります! 普段はしません!」と釈明し、会場に笑いが。笑顔の玉木は「側転も倒立もキレイでした」と明かしていた。

 会見には、岡田健史、仲里依紗、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ