プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

イオン×アサヒ共同開発人気シリーズ『富士山』今年も発売、“宅飲み”でも上質な一杯を

パッケージデザインを一新した今年の『富士山』の画像

パッケージデザインを一新した今年の『富士山』

 イオンは、アサヒビールと共同開発した国産原料100%のプレミアムエール『アサヒ富士山』を6日に数量限定で発売する。販売されるのは、イオン、イオンスタイル、マックスバリュ、ダイエー、マルナカ、イオンスーパーセンター、まいばすけっとなどの全国約5,000店舗。

【画像】パッケージには歌川広重の浮世絵が採用された今年の『アサヒ富士山』

 特別限定醸造『アサヒ富士山』は、19年4月と20年7月にイオン店舗で限定発売し、これまで累計355万本を販売している。厳選した国産原料の個性を最大限引き出し、力強いコク、後キレのほど良い苦みの味わいが人気を博している。富士山の伏流水で育まれた選りすぐりのお米に加え、品質の高い麦芽やホップなど国産原料にこだわり、芳醇な香りを生み出す“上面発酵酵母”を採用することで、まろやかな口当たりが楽しめる。

 パッケージは、昨年の葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデザインが好評だったことから、今年は歌川広重の「東海道五拾三次之内」を採用。在宅時間が増え、“宅飲み”で上質なお酒を飲みたい需要も増加する中、家で一味違った味わいが楽しめる一品となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ