プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

緒方恵美、椎間板ヘルニア本手術終了を報告 エヴァネタ交え「麻酔からはシンジみたいに『ハッ』て」

緒方恵美の画像

緒方恵美

 『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公・碇シンジ役などで知られる声優の緒方恵美(55)が4日、自身のツイッターを更新し、持病の椎間板ヘルニアの本手術を終えたと報告した。

〈ツイッターより〉エヴァネタ交え手術終了を報告した緒方恵美

 緒方は「椎間板ヘルニアの本手術無事完了!」とし、麻酔からはシンジみたいに『ハッ』て急に覚めて。そしてウエッと吐き気。DSSチョーカーはされてないけど(笑)」と冗談を交え伝えた。最後は「やはりお客さんが一番の薬です。4/17(ライブ)に完治の予感?(笑)」とつづり、ライブを心待ちにしていた。

 緒方は今年2月、自身のツイッターにて持病の椎間板ヘルニアが再発し緊急手術を行ったと報告。「右股関節以下、右下肢全体に、常に激痛が走っている状態」だったといい、「歩くことはもちろん、立つのも難しく、日々悪化する一方。ブロック注射も効かず」とつらい症状が続いた。その上で、「なので、実はつい先ほど、緊急手術をしました。神経に関わる部分なので、まだ断定はできませんが、、、今のところ快方に向かいつつある兆候がみられます」と公表していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ