プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ハリセンボン、稲垣吾郎と『Goro’s Bar』の思い出話 春菜の“成人式写真”の原点に

ABEMA『7.2 新しい別の窓#37』にハリセンボンが出演(C)ABEMAの画像

ABEMA『7.2 新しい別の窓#37』にハリセンボンが出演(C)ABEMA

 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが、4日放送の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるABEMAレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#37』(後3:00~10:12)に出演。2004年から09年まで放送されていた『Goro’s Bar』で共演していた稲垣と、番組の秘話を語り合った。

【動画】“スーパーマウスホーン”に挑戦した香取慎吾

 春菜は「私たちは吾郎さんっ子ですからね。デビューして2年目くらいの時から吾郎さんのもとで働かせていただいて…」と当時をうれしそうに回顧。「私の成人式の写真って、今ではパネルになったりもしているのですが(笑)、あの写真が最初に出たのが『Goro’s Bar』だったんですよ。あそこで『なんだこれ?』ってなって、そこから各局、ボタンひとつ押せば出てくるっていう(笑)。今では私の許可とか必要ないみたいな。朝の番組をお休みする時にあのパネルが出てきてみたいになったので、原点です」と思いを伝えた。

 一方、稲垣はハリセンボンとの初対面について「強烈なインパクトだったもん。ハッキリ覚えている。オープニングのお芝居部分でコントみたいなのをやって、それがすごく面白くて」としみじみ。草なぎと香取から「『Goro’s Bar』の話をしている時は、知らない吾郎さんを垣間見える」と明かすと、稲垣も「ほかにいないからそういう人」と関係性の深さを明かしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ