プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダー』50周年 “令和の1号”『ゼロワン』高橋文哉が思い「これからも、たくさん『夢』を」

『仮面ライダーゼロワン』に出演した(左から)鶴嶋乃愛、高橋文哉 (C)ORICON NewS inc.の画像

『仮面ライダーゼロワン』に出演した(左から)鶴嶋乃愛、高橋文哉 (C)ORICON NewS inc.

 1971年4月3日の午後7時30分から第1話がされた『仮面ライダー』。生誕50周年の節目となる4月3日を迎え、令和第1号の「仮面ライダー」シリーズ『仮面ライダーゼロワン』で仮面ライダーゼロワン/飛電或人を演じた高橋文哉がコメントを発表した。

【動画】『ゼロワン』高橋文哉&鶴嶋乃愛がぶっちゃけトーク!“ネタバレあり”スペシャル座談会

 ツイッターで高橋は「僕をヒーローにしてくれたのが仮面ライダーです。生誕50周年おめでとうございます」と祝福。続けて「仮面ライダーという歴史ある作品に関われたことが、一生忘れる事の無い素晴らしい経験です。これからも、たくさん『夢』を見せてください!」と演じた或人のせりふにかけてメッセージを送っていた。インスタグラムでも同様にコメントを載せ「いつまでも飛電或人が皆様の中に残り続けますように…」と願いながら「僕は皆様に『夢』を届けられるように精進していきます」と約束していた。

 また、イズ/アズを演じた鶴嶋乃愛もツイッターで「仮面ライダー生誕50周年おめでとうございます! 歴史ある作品に関わらせていただけた事、そしてイズちゃんアズちゃんという魅力的なキャラクターを演じさせていただけた事本当に幸せな経験です」としみじみ。「これからもたくさんの夢を届けて下さい!」と、こちらも或人のせりふに合わせたメッセージを発信していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ