プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダー』50周年 平成最後の仮面ライダー『ジオウ』奥野壮&押田岳が感謝 ウォズ渡邊圭祐「この瞬間を祝福」

『仮面ライダージオウ』に出演した奥野壮 (C)ORICON NewS inc.の画像

『仮面ライダージオウ』に出演した奥野壮 (C)ORICON NewS inc.

 1971年4月3日の午後7時30分から第1話がされた『仮面ライダー』。生誕50周年の節目となる4月3日を迎え、「平成仮面ライダー」シリーズの最後を飾った『仮面ライダージオウ』で仮面ライダージオウ/常磐ソウゴを演じた奥野壮がコメントを発表した。

【写真】奥野壮が発信した仮面ライダー50周年祝福コメント

 節目となる作品で大きな人気を集めた奥野はツイッターで「仮面ライダー50周年おめでとうございます」と祝福。「たくさんの方に愛される歴史ある作品に1人のヒーローとして関わらせていただけたこと、本当に光栄に思います。あの一年で培った経験は他の何にも変え難い僕の財産です」と振り返った。最後は「これから先もかっこいいヒーローを魅せ続けてください」とメッセージ。これから先も続き「仮面ライダー」シリーズへ期待を寄せた。

 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツの押田岳は「仮面ライダー生誕50周年おめでとうございます! 何にも変え難い経験をさせてくれたこの作品が、今後もたくさんの人にとって『ヒーロー』であり続けられることを願っています」とコメント。そして「50周年も俺たちの王に続け! 行くぞジオウ!!」と発信した。

 また、仮面ライダーウォズ/ウォズを演じた渡邊圭祐は「仮面ライダー50周年。これほどまでに愛される作品に携われたことを改めて誇りに思います」と感謝。そして「黒いのも本片手にこの瞬間を祝福してると思います。白いのもこの作品は誰かにとっての救世主だってくねくねして呟いてると思います。赤いのは女王探してます」と演じたキャラクターのイメージを重ねていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ