プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダー』50周年 『エグゼイド』飯島寛騎らキャストがお祝い「本当に多くの事を学びました」

飯島寛騎 (C)ORICON NewS inc.の画像

飯島寛騎 (C)ORICON NewS inc.

 1971年4月3日の午後7時30分から第1話がされた『仮面ライダー』。生誕50周年の節目となる4月3日を迎え、『仮面ライダーエグゼイド』に出演したキャストが祝福のコメントを寄せた。

【写真】『仮面ライダー』生誕50年で祝福のコメントを寄せた飯島寛騎

 仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢役で主演した飯島寛騎は「役者として確立させてくれた作品。本当に多くの事を学びました。仮面ライダー50周年の歴史に自分もエグゼイドとして参加できた事を光栄に思います」とメッセージを送っていた。

 仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩役だった瀬戸利樹は「仮面ライダー生誕50周年おめでとうございます! 俳優としての、なにもかもを学んだ場所です。こんなに続くシリーズに、自分も関われている事をうれしく思います。またいつか自分が帰ってこられますように」とコメント。仮面ライダースナイプ/花家大我を演じた松本享恭も「仮面ライダー生誕50周年おめでとうございます! 長い歴史の中、ライダーとしてこの発信をできることがとても光栄です。仮面ライダーを通しての出会いにも感謝しております。ありがとう仮面ライダー。これからも未来に夢を」と綴った。

 仮面ライダーポッピー/ポッピーピポパポ、仮野明日那役の松田るかは「長い歴史の中でポッピーピポパポ/仮野明日那として『変身!』のセリフを言えた事、とても光栄に感じます。これからもライダー達が夢や希望、勇気と愛をお届けし続けられますように」と思い。西馬ニコを演じた黒崎レイナは「仮面ライダーエグゼイドで西馬ニコとして過ごした時間はとてもかけがえのない時間でした。すてきな作品に携われたことをとてもうれしく思います!」と感謝のメッセージ。

 仮面ライダーレーザー/九条貴利矢役の小野塚勇人は「僕がエグゼイド出た時がちょうど45周年でした。そこからもう5年。今だにたくさんの子供達、ファンの皆さんを魅了する仮面ライダー。そこに携わらせて頂いたことに感謝してます!」としみじみ。「願わくば晴れの時に九条貴利矢として戻って来れたらと思います。ノリノリで行かせていただきます」と再出演を希望した。仮面ライダーゲンム/檀黎斗役の岩永徹也は「仮面ライダー生誕50周年おめでとうございます!! 何度倒れても立ち上がる仮面ライダーゲンムに勇気と希望をたくさんもらいました! このシリーズを通して出会えた全ての人たちに心から感謝しています!」と記し「またいつかお会いしましょう!」と発信。最後は「いずれまた。才能の旅に出よう」と意味深に締めくくっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ