プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

人喰い沼から絶滅危惧種500匹出た 『池の水ぜんぶ抜く大作戦』3時間半SP

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 無人島に初上陸だ!!海賊のお宝!?人喰い沼から絶滅危惧種500匹出た!!』より(C)テレビ東京の画像

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 無人島に初上陸だ!!海賊のお宝!?人喰い沼から絶滅危惧種500匹出た!!』より(C)テレビ東京

 テレビ東京では4月午後6時30分から『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 無人島に初上陸だ!! 海賊のお宝!? 人喰い沼から絶滅危惧種500匹出た!!』を放送する。

【写真】柄本時生&高杉真宙は山口城のお堀の水抜きに挑戦!

 今回は、新企画『無人島の池の水ぜんぶ抜く』が始動。日本全国に6432島あるとされる無人島、その手付かずの自然の中にある池には、一体どんな生物が潜んでいるのか。放送では、瀬戸内海に浮かぶ加島(兵庫・姫路市)に前園真聖、元消防士のお笑い芸人・ワタリ119、村重杏奈(HKT48)が向かう。

 加島に乗り込む前に、近くの島の住民に加島の池について聞き込みをすると、耳を疑うような答えが返ってきた。地元の人の間では「海賊が人を放り込んでいた池」「底なし沼」「人喰い沼」と言われている前代未聞のヤバイ池だったのだ。

 さっそく、チャーター船でその無人島に上陸し、恐る恐るひと気のない海岸沿いを歩いていくと、前園がかなり大きな哺乳類の骨を発見。一体何の骨なのか。そして問題の池にたどり着くと、想像以上に大きな池で、10時間以上かけて水を抜くことに。

 足を踏み入れると、鼻をつくような臭いがし、さらに “底なし沼” と言うだけあって、一歩先の深さもわからず、泥に足を吸い込まれるような感覚があるという。慣れているはずの準レギュラーの前園でさえ、身動きが取れなくなるほどの“人喰い沼”。果たして、どんな生物が出てくるのか。

 さらに今回は、MCのロンブー淳の地元、山口城のお堀の水も抜く。山口城は、淳が尊敬する幕末の英雄、高杉晋作にもゆかりのある歴史の舞台。ところが、依頼者によると「山口城のお堀は道路沿いにあるため、ごみを投げ入れられたり、外来種が入っている可能性もある」とのこと。

 生物調査をしてほしいという依頼を受けて、MCの2人と俳優・柄本時生、高杉真宙、さらにお笑いコンビ・ダイアンの2人が駆けつける。柄本は、今回が3回目の出演で、MCの2人から「レギュラーじゃん!」とイジられるほどおなじみの顔に。お正月SPで佐賀城のロケに参加した際には、「泊まり企画でやりたい!」というほど、お堀のお宝探しに夢中になっていた柄本が、再びお堀の水抜きに参戦!柄本は初登場の高杉にヘドロの歩き方や、魚の捕り方を指南し、高杉も「楽しい!子供のころを思い出す」と、果敢に大きなコイに果敢に挑んでいたのであった。

 そのほか「湖の魚ぜんぶ捕る」や、迷惑外来カメの大量捕獲など、内容盛りだくさんの3時間半スペシャルとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ