プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

TBS、『マスターズゴルフ』でロボットカメラ導入 1万1180キロの“ディスタンス”中継

『マスターズゴルフ 2021』で導入されたロボットカメラ (C)TBSの画像

『マスターズゴルフ 2021』で導入されたロボットカメラ (C)TBS

 TBS/BS-TBSは、4月8日開幕の『マスターズゴルフ 2021』で、大会終了の12日まで連日約8時間の生中継を行う。「これまでの集大成として本当に優勝を目指してやりたい」と10回目、20代最後の挑戦となる松山英樹選手が出場する。そんな今大会の熱戦を余すところなく中継するために、新たな技術となる“ロボットカメラ”を導入することが明らかになった。

【写真】活躍が期待される松山英樹選手 

 選手がティーオフの前とラウンド終了後に多くの時間を過ごす練習場にロボットカメラを設置。このカメラを、大会会場のオーガスタナショナルゴルフクラブではなく、会場からおよそ1万1180キロ離れた同局社内で操作。コロナ禍でスタッフを現地に派遣するリスクを減らしながらも、現地の熱狂を伝えることが出来る新たな中継スタイルとなる。

 今回のロボットカメラは、国内でお天気カメラとして使用されていた技術を転用。同局としては海外の大型スポーツ中継でのロボットカメラの使用は初。回線キャリアと事前のテストを重ねて同大会での使用に至った。

 中継では松山英樹選手や世界のトッププレイヤーたちの試合前の様子や、ラウンド後の翌日に向けて練習する様子なども余すところなく中継し、さらに魅力的に大会の模様を伝える。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ