プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

綾瀬はるかが華麗なガンアクションを披露 『奥様は、取り扱い注意』冒頭映像解禁

映画『奥様は、取り扱い注意』(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会の画像

映画『奥様は、取り扱い注意』(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会

 2017年に放送されたドラマを映画化した『奥様は、取り扱い注意』(公開中)より、本編冒頭映像がWEBで解禁された。綾瀬はるかの華麗なガンアクションや、武術を駆使した圧巻のアクションシーンなどを見ることができる。

【動画】『奥様は、取り扱い注意』冒頭映像

 元特殊工作員だがその正体を隠し、次々とトラブルを解決していく伊佐山菜美を綾瀬、実は公安のエリートでありながらそのことを隠し、菜美と結婚し生活を共にしていた伊佐山勇輝を西島秀俊が演じ、“最強の夫婦”として注目を集めた。映画は、ドラマ版最終回のその後が描かれており、ドラマファンはもちろんのこと、菜美が記憶喪失になり、新たな土地で生活を始めるというドラマ版を知らずとも楽しめるストーリーとなっている。

 SNS上では「(綾瀬・西島の)2人の息ピッタリなアクションが良かった!」「綾瀬さんのアクションに見惚れた…」と、ほぼスタントなしで綾瀬・西島が挑んだアクションシーンが高評価を受けている本作。今回解禁となった冒頭映像は、綾瀬演じる菜美がとあるアジトに潜入し、次々と襲い掛かる敵を倒していく圧巻のシーン。東南アジアの伝統武術であるカリとプンチャック・シラットを取り入れたスピーディーかつ柔軟、そして力強いアクションを披露している。さらに自身初挑戦とは思えぬ、キレのあるガンアクションを華麗にこなす姿も。

 持ち前の身体能力の高さに加え、撮影の3ヶ月前からトレーニングと練習を重ね作り上げられた、こん身のアクションシーンで冒頭から観客を引き込んでいく。さらに、動画の最後にはゲーム機のコントローラーを手から滑り落とし、夢から覚めるというまさかの展開が…。

 本格アクションのみならず、“愛か、任務(ミッション)か――。”という究極の決断を迫られる、最強夫婦の切ないストーリーも高評価を集めている本作。感動と驚きのクライマックスの取り扱いには、引き続き注意を呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ