プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

内田有紀、建築マニアの一面チラリ 美術番組『新美の巨人たち』に初登場

美術番組『新美の巨人たち』に出演する内田有紀 (C)テレビ東京の画像

美術番組『新美の巨人たち』に出演する内田有紀 (C)テレビ東京

 テレビ東京の美術番組『新美の巨人たち』(毎週土曜 後10:00)では、4月の4週間にわたって“春の東京アートウォーク”と題した企画を放送。アートトラベラーたちが、番組独自の視点で、春に出かけたい東京のアートスポットを巡る。

【写真】アンガ田中、シシド・カフカ、田辺誠一も名所巡り

 3日放送回は「勝鬨橋(かちどきばし)×アンガールズ田中卓志」、10日放送回は「小石川後楽園×シシド・カフカ」、17日放送回は「台東区立朝倉彫塑館×田辺誠一」、24日放送回は「早稲田大学大隈記念講堂×内田有紀」。

 番組初登場となる内田は「建築が大好き」だといい、中でも明治・大正・昭和初期の建築に興味があり、見る時の楽しみは「和洋折衷の妙」だそう。ロケでは「大隈記念講堂」の舞台から声を出して音響の良さを感じるべく、舞台で『リア王』を朗読する一幕も。ロケ後には、建築の魅力や講堂をめぐっての感想を語った。

 また、番組発の音声コンテンツ『聴く美の巨人』が発売となった。“アートを聴く”という新しいコンセプトのもと、実際に名建築やアートスポットを散歩するときのウォークガイド、番組に収まりきらなかったアーティストの蔵出しインタビュー、そして有名経営者が語るアートとビジネスの関係などが収録されている。

■内田有紀のコメント
Q.明治・大正・昭和初期の建築が特にお好きだということですが、その魅力とは?

「洋館が日本に入ってきた頃の建築は、“和洋折衷の妙”にとても興味をそそられます。建物自体に歴史があるというだけでも素晴らしいんですけど、中の造りでしたり、洋室の中に畳を敷いていたり、ノブに細工がされていて日本の職人さんの技術が盛り込まれていたり…和と洋が融合している部分に時代を感じて、それが建築を見るときの楽しみ方になっています」

Q.今回「大隈記念講堂」を見て感じたことは?

「講堂というだけあって、もう少しかたい、生徒への『しっかり学びなさいよ』という圧力というか気負いみたいなものを感じさせるような場所なのかなと思っていたのですが、あんなに包容力があって優しくて…私は何度か『かわいい』と言ってしまいましたけど、細部において装飾だったり窓枠だったり全てのものに優しさが詰まっているホールだなと思いました。音響をよくするためにいろんな工夫がされていて、それを冷たく、ドライに作るのではなく、温かみを感じさせる造りになっていて驚きました」

Q.視聴者へのメッセージをお願いします。

「先ほど舞台で『リア王』を読ませて頂いた時に感じたのが“遺す大変さ”。歴史のある建物ですから、耐震面、管理含めてすごく大変だということは素人でもわかりますので、その時代の著名な方たちの思いを受け継ぐ形で、どうにかこれからもステキなレトロ建築と言われるような建物をみんなで大事にしていきたいなと。私も見ることで協力できればと思いますし、建物を見ることで旅ができるというか…異次元・異空間に連れて行ってくれる楽しさを番組でも感じて頂ければと思います」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ