プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『テニプリ』2タイプで上映決定、本編一部シーン異なる 新キャラ役を朴ロ美

アニメ映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』のポスタービジュアルの画像

アニメ映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』のポスタービジュアル

 アニメ映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』(9月3日公開)の新情報が2日発表され、本編シーンが一部異なる2タイプで上映されることが明らかになった。あわせてポスタービジュアルも公開され、新キャラクター・エメラルド役を朴ロ美(パク・ロミ ※『ロ』は王偏に『路』で表記)が担当することが発表された。

【画像】テニスするの?体つきがいい新キャラ・エメラルド

 『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』を繋ぐ空白の3ヶ月間に起きた、未だかつて明かされてこなかったエピソードが描かれる本作。『テニスの王子様』のラスト、全国大会決勝戦での立海大附属中学校との激闘を制した青春学園中等部、その3日後、リョーマが更なる強さを求め、単身アメリカへテニスの武者修行の旅に出るところから本作は始まる。

 現地へ到着したリョーマは、家族旅行でアメリカを訪れていた同級生・桜乃が、ギャングに絡まれているところに遭遇。桜乃を助けるためにリョーマが放ったボールと、謎の車いすの人物が放ったボールが激突した瞬間、時空がゆがみ始める。なんと2人は、リョーマの父がその驚異的なテニスの実力で「サムライ南次郎」と呼ばれ、世界で名を馳せていた時代のアメリカにタイムスリップしてしまっていた…。

 公開となったポスタービジュアルは、舞台となるアメリカの西海岸をバックに、リョーマら主要キャラクターたちが描かれており、幼いリョーマと兄・リョーガの姿も。過去にタイムスリップするというストーリーもあり、幼少期の二人や現代の手塚国光、跡部景吾らがどのように登場するのか、そしてリョーマと若き南次郎の運命がどのように交錯していくのか、期待が高まる。

 また、本編の一部シーンが異なる2タイプでの上映となり、<Decide>では青春学園中等部のテニス部部長・手塚国光と立海大附属中学校部長の幸村精市らが、<Glory>では、氷帝学園中等部部長の跡部景吾と四天宝寺中学校部長の白石蔵ノ介らが登場。それぞれ異なるオリジナルシーンが展開される。

■エメラルド役・朴ロ美コメント
キラキラ眩しくみていた「テニスの王子様」でエメラルドという素敵な役を演じさせていただき興奮しました。エメラルドの瞳が好きです…。リョーマと思う存分闘いましたので、3DCGでの華麗なる闘い、ぜひご覧ください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ