プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小泉孝太郎 “背水の陣”で挑んだ芸能界入り「父が総理大臣。失敗したら地元に帰れない」

テレビ東京の入社式にサプライズ登場した小泉孝太郎 (C)テレビ東京の画像

テレビ東京の入社式にサプライズ登場した小泉孝太郎 (C)テレビ東京

 テレビ東京は、4月1日に入社式を行い、新入社員20人が参加。入社3年目の田中瞳アナウンサーが司会を務め、同局系ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON5』(30日スタート 毎週金曜 後8:00)で主演を務める小泉孝太郎がサプライズ登場した。

【写真】リモート形式で新入社員と交流を深めた

 撮影の合間を縫って参加した小泉は、『ゼロ係』のトレードマーク・ベビーキャロット(人参)パーカーを着た“冬彦スタイル”で駆けつけ「(社会人)なりたてホヤホヤの皆さん、元気ですかー! どうも小早川冬彦役の小泉孝太郎です! おはようございます!」とあいさつ。

 フレッシュな顔ぶれを眺めながら、新入社員たちの年齢と、当時の自分を重ねて「ちょうど芸能界に挑戦しようとした時期です。形は違いますけど、ドキドキワクワクする気持ちと、僕は不安な気持ちの方が圧倒的に多かったですけど、キュッと心臓が掴まれるようなあの頃の自分を思い出しました」と回想した。

 また、新入社員から「(入社式内での)自己紹介のテーマが“武勇伝”でした。小泉さんの武勇伝は何でしょうか?」と質問が飛ぶと、小泉は「そうですね、武勇伝かあ~」としばらく考え込む一幕も。

 そして「正直に言いますと、あの当時も言われましたし、いま自分で『あ、そうだな』と振り返って思うのは、自分の父親が内閣総理大臣だったにも関わらず、芸能界に飛び込んだことですかね(笑)」と回答すると「反対する人や心配する人も当時は多かったですし、失敗したら僕は地元には帰れないという気持ちで芸能界に入ったので…武勇伝は自分で言うことじゃないですけど、皆さんと同じ年代の時に、芸能界に挑戦しようと思って一歩踏み出したことです」と明かした。

 その後も質疑応答などで交流を深めた小泉は、最後に「皆さん頑張ってください! テレビ東京は、ステキな会社です!」と笑顔で呼びかけていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ