プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

『関ジャム』に謎多きアカペラグループ「Nagie Lane」登場 ゴスペラーズが推薦

4日放送『関ジャム 完全燃SHOW』に出演するNagie Lane(ナギーレーン) 写真左から mikako、ブリジットまゆ、れいちょる、バラッチの画像

4日放送『関ジャム 完全燃SHOW』に出演するNagie Lane(ナギーレーン) 写真左から mikako、ブリジットまゆ、れいちょる、バラッチ

 男女混合4人組アカペラグループ・Nagie Lane(ナギーレーン)が、4日放送のテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:00)に出演する。デビュー25周年を迎えたゴスペラーズが「若手の注目株」として指名したもので、新世代アカペラグループとして話題を呼びながらも謎の多い4人組がベールを脱ぐ。

【動画】「ついに歌うことすらしない」金爆迫真のエアーアカペラ

 メンバーは、2015年「ミス明学」れいちょる(リードボーカル)、米ニューヨーク生まれの帰国子女・ブリジットまゆ(リードボーカル&コーラス)、東京外語大ドイツ語科を卒業し、4ヶ国語を使いこなすmikako(リードボーカル&コーラス)、米バークリー音楽大学出身のバラッチ(パーカッション)の男女混成4人組。

 2018年に結成され、音楽的には「70年代のシティポップに影響を受けた」といい、東京・渋谷を中心に活動してきた。関係者は「モデル、トリリンガル、アレンジャーなど多彩な才能が集結し、シティポップを自由に操る令和のネオシティポップバンド」とアピールする。

 2019年6月、ミニアルバム『ナギービートで唄わせ』で本格デビュー。昨秋は3ヶ月連続で配信リリースを行い、ライブ中心の活動で支持を広げてきた。ミニアルバム発売にあわせて行われたライブは、300席が即日完売した。

 音楽関係者は「若者の間ではアカペラが再ブームになりつつあります。特に、大学生の間では今、400大学にアカペラ・サークルが存在し、中には所属人数が100人以上というサークルもあるほどです。コロナ禍でオンラインでもアカペラ人口が広がっています。そう言った中で、シティーポップを基盤としているナギーレーンの人気は高まっています」と語る。

 そのナギーレーンの才能をいち早く見抜いたのが、アカペラシーンではレジェンド的な存在のゴスペラーズだった。2002年リリースの『アカペラ』以来、18年ぶりに全曲アカペラで構成されたアルバム『アカペラ2』をリリースしたゴスペラーズは、『関ジャム 完全燃SHOW』で“若手の後継者”として「ナギーレーン」を推薦し、共演することなった。メンバーのバラッチは“松原ヒロ”名義で作家活動も行っており、ゴスペラーズの今回のアルバムの中では3曲を提供するなど、信頼関係で結ばれている。

 番組では、ゴスペラーズとナギーレーンが同じ楽曲を披露し、それぞれのアレンジで楽曲の印象がどう変わるかなどを実演していくという。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ