プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

菅田将暉が四千頭身・後藤に変身?“エイプリルフール”限定特別CMが公開

新土曜ドラマ『コントが始まる』エイプリルフール企画に参加した四千頭身 (C)日本テレビの画像

新土曜ドラマ『コントが始まる』エイプリルフール企画に参加した四千頭身 (C)日本テレビ

 俳優の菅田将暉が主演し、17日よりスタートする日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)。きょう4月1日から本来とは別の特別バージョンのCMが公開され、菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀の3人が演じる売れないお笑いトリオ『マクベス』が同じお笑いトリオである四千頭身に変身。本物お笑いトリオである彼らがドラマの中のマクベスの3人になりきって撮影されたものが放映されている。

【写真】本物はこっち!菅田将暉、神木隆之介らによるポスタービジュアル

 これは制作チームが、本日のエイプリルフールを記念して製作した特別コマーシャル。四千頭身が、マクベスの3人に1日限定で変身しているという、エイプリルフールならではの“フェイク”だ。菅田将暉役を演じたのは、センターで、ネタ作り担当の後藤拓実。神木隆之介を演じたのは、金髪のウイッグを身にまとった都築拓紀。仲野太賀を演じたのは、四千頭身の秘密兵器こと、石橋遼大。

 このオファーに後藤は、絶対に「ドッキリ番組」に違いないと疑い、かなり立派なセットがスタジオに組まれていたのを見て、さらにドッキリの疑念は大きくなったそう。金髪姿の都築は、ドッキリだった場合に備えて、ちゃんとリアクションだけは用意していたという。

 お笑いトリオの先輩として、都築は「トリオ芸人をやってく上で、ある程度自分たちの中で決まりのルールは、作った方がいいです。タクシーの助手席は誰がどこに乗るとか、後部座席の乗る順番とか、なんとなくでも決めておくと、常にスムーズにいけます」と力説。ネタ担当の後藤は「楽屋弁当が何種類かある時は、じゃんけんで決めた方がいいですね。トリオの場合だと、肉が2、魚が2みたいに用意されていることが多いので」と独自の視点からアドバイスした。

 都築は「そうですね。これは、ネタを書いてるからその人が優先じゃない!というのが肝で、弁当選びは常に平等にする!というのがトリオにとって大切なルールです」と熱弁。石橋は「人間として平等は、一番大切です」とうなずいた。なお、この特別CMは、全国同局系の放送局やYouTubeの『日テレドラマチャンネル』や同ドラマの公式サイト、公式SNSで公開。ただ、エイプリルフール限定なので、日付が変わると消滅してしまう予定となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ