プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松本人志、矢部浩之と『いいとも』以来7年ぶり共演「照れくさい」 ノブも興奮「ビッグマッチ!」

2日放送のバラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』の模様(C)フジテレビの画像

2日放送のバラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』の模様(C)フジテレビ

 お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が、2日放送のフジテレビ系バラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』(後9:58)に出演。ダウンタウン・松本人志と、2014年の『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』以来、7年ぶりの共演を果たす。

【写真】松本人志、和田アキ子からの“直電”明かす

 “お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合うトークバラエティー。『ダウンタウンなう』の特別編として生まれた企画が、満を持してレギュラー化を果たす。記念すべき初回に、松本の両どなりでMCを務めるのは千鳥(大悟、ノブ)。ゲストには岡部大(ハナコ)、小泉孝太郎、夏菜、矢部が登場する。

 矢部が「今日収録現場に来て、わかったんですけど、スタッフがピリついてます」と言って笑いを誘うと、夏菜は「お2人は共演NGなのかと思ってました」と驚き、ノブは「僕らからしたらビッグマッチなんですよ!」と興奮気味に。矢部は「松本さんとお仕事することは本当にないので恥ずかしいです」と語り、松本も「照れくさい。昔付き合っててキスぐらいはした感じの元カノ」と、率直な感想を語る。

 2人は仕事で共演することはなかったものの、プライベートでは偶然遭遇することがあったそうで、その際に松本が発した言葉の真意がずっと気になっていたという矢部は、「あれ何やったんですか?」と疑問をぶつけ、なぜか松本はタジタジ。また、岡部は「親が失敗するところって見たくないものじゃないですか?」と切り出し、幼少期に目撃して「強烈に覚えている」という両親の大失敗エピソードを挙げて一同は大笑いとなる。

 そこから話題は、それぞれが忘れられない親の失敗エピソードへ。ノブに「孝太郎さんのお父さんは?」と話を振られた小泉は「僕は昔野球少年で、休日は公園で父にノックを打ってもらっていたんです」と話し始める。当時、そこで父・小泉純一郎氏がよくとっていたというある行動が「すごく恥ずかしかった」と語り、「あのお父様が?」と一同を驚かせる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ