プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

佐々木希、母・祖母から受け継いだ“もったいない”精神「子どものズボンも直しています」

NHK・Eテレ『すてきにハンドメイド』のMCを担当する佐々木希(C)NHKの画像

NHK・Eテレ『すてきにハンドメイド』のMCを担当する佐々木希(C)NHK

 編み物・ソーイング・刺しゅうなど、手作りの楽しさをわかりやすく伝えるNHK・Eテレで放送中の『すてきにハンドメイド』(毎週木曜 後9:30)。4月1日の放送より、女優の佐々木希が新MCに就任する。幼いころから手芸が大好きだったという佐々木に、“手作り”への思い出、MCを務める心境を聞いた。

【番組カット】慣れた手付きでミシンを器用に使いこなす佐々木希

 母や祖母の影響も受け、手芸に親しみを持っていたという佐々木は「たくさんのものを作ってきました。小銭ケースだったり、プレゼントする人の特徴の刺繍を入れたりとか、マフラーは一番大変でしたね」とこれまで自身が手掛けた作品を振り返った。

 ハンドメイド品をプレゼントしたエピソードについては「まさかの兄なのですが、編み物をやってみたくなって、寒い秋田ではマフラーがあった方がいいので昔、兄に作りました。兄の反応は『ああ、ありがとう』というクールな感じでしたが、喜んでくれました。自分用にもボーダーでマフラーを編んでみたりもしました」と振り返る。

 手芸に取り組むようになったきっかけは、はっきりとは覚えてないとのことだが「母や祖母のまねをして、まずは縫物をやったのだと思います。ほつれたところを縫ってみて、それが楽しくなって、色々やってみたんですよね。そうやって直すことから始めたような気がします。母も祖母も『もったいないでしょ』というタイプで、本当に日頃からいろいろ直していたので、捨てずに直しながら長く使う姿を見ていました」と話す。

 そして「今もその教えはあり、穴が開いたり、ボタンが外れたりしたら裁縫箱を取り出して自分で直しています。子どものズボンも、転ぶとすぐに穴が開いてしまうので、ワッペンをつけたりしてかわいく直しています」と“もったいない”の精神を受け継いでいる。

 EテレでのMCは初挑戦になるが「本当にお世話になっています(笑)。普段、子どもがEテレを見て喜んでいるので、すごくうれしいです。個人的には色んな番組がオシャレだなと思って見ています」と抜てきを喜ぶ。

 番組については「なかなか手芸に手を出せなかった方も、この番組では本当に丁寧に教えてくれているので、見て学ぶだけではなく、テキストもありますので、ぜひこの機会にチャレンジしていただけたらなと思います」とアピール。

 「ハンドメイドは世界にひとつだけの自分の好きなものを作れる。買えるものではないことが、すごく魅力的だなと思います。今の時期で自宅にいる時間が少し増えたかと思うので、そういう方々も時間があったらぜひハンドメイドに挑戦していただけたらと思います」。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ