プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

鈴木亮平、吉岡里帆の“あざとい”演技に本気で照れ「ドギマギしました」

『レンアイ漫画家』の記者会見に出席した(左から)鈴木亮平、吉岡里帆(C)フジテレビの画像

『レンアイ漫画家』の記者会見に出席した(左から)鈴木亮平、吉岡里帆(C)フジテレビ

 俳優の鈴木亮平(38)と女優の吉岡里帆(28)が30日、オンラインで行われたフジテレビ系木曜劇場『レンアイ漫画家』(8日スタート 毎週木曜 後10:00)の記者会見に出席した。

【写真】38歳の誕生日を祝して鈴木亮平に贈られたケーキ

 同ドラマは、講談社モーニングKC刊で2010年から12年の間連載されていた同名コミックスが原作で、全5巻を発刊。鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と、吉岡演じるダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)。恋に不器用な2人が笑えて、ほろっとくるラブストーリーを繰り広げる。

 本作では、清一郎とあいこが「キュンの報告会」をして恋愛に向き合うシーンがあることから、鈴木と吉岡がリアルに感じた“キュン”を明かすことになり、鈴木は寝ている場面で、吉岡から「かわいい」と言われるシーンを上げた。

 鈴木は「清一郎がソファで寝てしまって、寝顔を見ながらあいこが『かわいい』というシーンがあるんです。照れてしまいましたね(笑)。寝てる芝居なんですけど、吉岡さんの顔が近いんですよ。もうキュンを通り越して笑いが止まりませんでした」と吉岡の“あざとい”演技に本気で照れたという。そして「そこが(ラブコメに)慣れていないところなんでしょうね。至近距離の『かわいい』にドギマギしました」と振り返った。

 吉岡は「清一郎とあいこの『ハグの練習』」をあげ「胸キュン仕草だったりとかが下手っぴな2人が、いびつながらも独特で温かいハグの練習をするんです。『これはハグの練習なんだ』という清一郎さんにキュンとしましたね」と恋愛に慣れない清一郎のピュアな姿に惹かれたと明かした。

 また、きのう3月29日が鈴木の38歳の誕生日だったことから、サプライズで誕生日ケーキが登場。鈴木は大喜びを見せながらも「アドリブ弱いんだから」と照れ、38歳の抱負については「自然体で頑張っていきたいと思います!」と意気込んだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ