プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

青木崇高『シグナル』で欲にまみれた元警官役 坂口健太郎に賛辞「ほとばしるものがある」

青木崇高『シグナル』で欲にまみれた元警官役(C)カンテレの画像

青木崇高『シグナル』で欲にまみれた元警官役(C)カンテレ

 俳優の坂口健太郎が主演するカンテレ・フジテレビ系SPドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』が30日に放送(後9:30)される。坂口が“現在”の刑事・三枝健人を演じ、北村一輝が“過去”の刑事・大山剛志を演じる同作。物語のカギを握る、元警察官で建設会社社長・石川匠を演じる青木崇高と、坂口が対立する場面が見どころの一つだ。30日の放送を前に、青木がコメントを寄せた。

【別カット】長身が映える!衣装をさっそうと着こなしポーズする坂口健太郎

 3年ぶりの新作となる今作は、連ドラ最終回の直後からはじまり、それから2年後の2020年に舞台を移す。「20年前に自殺したはずの恋人を探してほしい」と、最愛の人を追い求める男の事件を追う。今回は、原作の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気が高かったストーリーを映像化。連ドラでは描くことができなかった珠玉のエピソードとなる。4月2日には『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の公開を控えている。

 青木が演じる石川は、警察官時代に警察上層部と関わるなど、重要な過去を持つ男。現在は、警察の権力をバックに好き勝手に生きており、健人と対峙する悪の存在だ。正義感あふれる健人と、欲にまみれながらも狡猾(こうかつ)な石川が繰り広げる対決は、今作の見どころのひとつにもなっているが、石川を演じる青木が、自身の役どころや共演する坂口についてコメントを寄せた。

――連続ドラマから続く『シグナル』に今作からの参加となりますが、石川を演じてみて?

途中参戦して引っかき回す役割は、自分としてはけっこう好きで、健人の正義に立ちはだかる存在ですけど、実は「個人と組織」という見方もあったりして、単純な「正義と悪」という対立軸ではないんです。また、石川は、組織の中では社長ですので、金と権力があり、そして魅力まで兼ね備えていないとダメだと思いました。知識や体験談が豊富で、聞き上手、話上手な人かもしれない。一緒にお酒を飲んだら楽しいだろうな、と思わせるような妙な魅力を感じるキャラクターに映ったら面白いですね。

――坂口健太郎との共演について

連ドラをやられていたスタッフさんやキャスト同士の結束感を感じましたし、自分の正義とどのように向き合っていたかというのを感じました。孤独だけど、その中に熱いほとばしるものがあるという、そういうたたずまいを感じました。

――見どころについて

ストーリーの緻密(ちみつ)さ、複雑さがこのドラマの魅力だと思います。ひとつの悪をクリアしたと思えば、その根っこにさらに深い鉱脈みたいな悪があって、ゾクッとする怖さですね…。あくまでドラマだけの世界であってほしいと思います。そういう怖さも楽しんでもらえれば。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ