プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『科捜研の女 ‐劇場版‐』9・3公開 “さかさま”マリコのティザービジュアル

映画『科捜研の女 -劇場版-』ティザービジュアル (C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会の画像

映画『科捜研の女 -劇場版-』ティザービジュアル (C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

 テレビ朝日系で20年以上シリーズが続き、高視聴率を維持している沢口靖子主演ドラマ『科捜研の女』。放送開始から21年目を迎えた今年、その集大成となるシリーズ初の映画作品『科捜研の女 ‐劇場版‐』の公開日が、9月3日に決定。ティザービジュアルが解禁された。

【写真】劇場版には土門刑事も登場

 『科捜研の女』は、京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)の法医研究員・榊マリコ(※榊=木偏に神)を中心に、捜査一課の刑事・土門薫(内藤剛志)をはじめ、科学技術を駆使するひと癖もふた癖もある科捜研メンバーたちが、事件の真相に挑む姿を描いている。「-劇場版-」では、ドラマシリーズの魅力そのままに、映画だからこそできる物語の仕掛けを脚本の櫻井武晴(「名探偵コナン」シリーズ)が施し、世界同時多発不審死事件から始まる最難関の事件、現代最新科学では絶対に解けないトリックを操るシリーズ史上最強の敵がマリコたちの前に立ちはだかる。

 解禁となったティザービジュアルは、今までのテレビシリーズのビジュアルとは雰囲気が一転。燃えるように鮮やかな紅葉の上に横たわり天を仰ぐ、沢口演じるマリコが“さかさま”に配されるというインパクト。マリコの身に一体何が起きているのか!? さらにその美しいまなざしの横に「衝撃の最終実験、はじまる。」というコピーが配され、「美しくもミステリアスな謎解きの世界」へ誘われているようにも見える「謎&美麗」のビジュアルとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ