プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『のだめ』千秋役の共演で話題 関智一、玉木宏主演ドラマ出演でファン歓喜「ぎゃぼー!」

テレビ朝日系ドラマ『桜の塔』に出演する(左から)関智一、玉木宏 (C)ORICON NewS inc.の画像

テレビ朝日系ドラマ『桜の塔』に出演する(左から)関智一、玉木宏 (C)ORICON NewS inc.

 アニメ『ドラえもん』スネ夫役、『鬼滅の刃』風柱・不死川実弥役などで知られる声優・関智一(48)が、4月15日放送スタートの俳優・玉木宏主演のテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)に出演することが29日、発表された。関はテレビアニメ版、玉木は実写ドラマ版で、『のだめカンタービレ』の主人公・千秋真一を演じており、”『のだめ』千秋共演”の実現にネット上では「玉木宏と関智一が同じドラマに出る世界線なんてあるんですか!?」「実写版&アニメ版千秋慎一共演じゃん。どちらもイケボでどないせえと」「のだめ繋がりだ!」「ぎゃぼー!(のだめの口癖)」などと驚きの声があがっている。

【ドラマ写真】携帯片手に険しい表情…刑事姿の関智一

 同作は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座をめぐり、激しい出世バトルを描いていくストーリー。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を演じる主演・玉木宏を中心に、広末涼子、岡田健史、仲里依紗、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平らが出演する。

 そんな中で関が演じるのは、水樹爽(広末)や富樫遊馬(岡田)らが所属する警視庁刑事部捜査一課のトップ=捜査一課長・牧園隆文。出演が決まった関は「ドッキリかと思いました(笑)」と打ち明けながら、「野心ってほどでもないですが、声優としても俳優としても長く必要とされる自分でいれたら、うれしいです。今回いただいた機会を大切に、ドラマや映画にも挑戦していきたいです。時代劇も大好きなので、出演できたら最高ですね」と意気込んでいる。

 関は、1991年に声優デビュー後、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』ドモン・カッシュ役、『キャプテン翼』大空翼役(青年期)、『のだめカンタービレ』千秋真一役など、数々に人気作品に出演しており、劇団ヘロヘロQカムパニーの座長を務めている。

 なお、同ドラマの主演である玉木も、2006年に放送されたドラマ『のだめカンタービレ』で千秋真一を演じており、関と『のだめ』千秋という共通点が。今でも根強い人気があるキャラクターで、玉木主演のドラマに関が出演することを知ったファンはネット上で「関智さん、玉木宏さん主演の刑事ドラマに出るんだってびっくり! のだめ繋がり!」「千秋先輩…関智一と玉木宏が同じドラマに出る世界線…」「二人ともイケボすぎて耳が死ぬw」「最高かよ!」などと驚きと喜びの声が相次いでいる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ