プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

新田真剣佑、竹野内豊と約20年越しの初共演に感慨 初対面は5歳の頃、アメを渡したエピソードも

フジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』リモート記者発表会に出席した新田真剣佑 (C)フジテレビの画像

フジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』リモート記者発表会に出席した新田真剣佑 (C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊と新田真剣佑が28日、フジテレビ系月9ドラマ『イチケイのカラス』(4月5日スタート、毎週月曜 後9:00~)リモート記者発表会に出席した。約20年前に2人が初めて出会ったころのエピソードが披露された。

【写真】20年前の竹野内豊との2ショットを披露した新田真剣佑(2枚目)

 今作は民放連続ドラマとしては初となる、刑事裁判官が主人公の爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、竹野内は自由奔放で型破りな主人公・入間みちおを演じる。黒木華は、みちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴、新田は裁判所書記官・石倉文太を務める。

 竹野内と新田は今回が初共演だが、5歳の時に一度会っているそう。新田は「現場に遊びに行かせていただいた。20年ぶりくらいの再会、かつ共演なのでとても感慨深いものがありましたね」としみじみ語った。

 竹野内もその時のことをよく覚えているそうで、同局系ドラマ『できちゃった結婚』で新田の父と共演した際に、現場に新田が遊びに来ていたという。「本当に小さくて、いい子でかわいかった。あれ以来だから、こんなに大きくなっちゃって。父親の気分になった感覚」と感慨深そうに話した。新田も「あの頃見た人が目の前に居て、しかも共演できるというので、うれしかった。不思議な感じもしましたね」と思いを明かした。

 またその時のことを覚えているか問われた新田は「あります。囲み取材されてた竹野内さんにアメを『はい』って渡しにいった覚えがあります」とかわいらしいエピソードを披露。竹野内もしっかり覚えているそうで、「抱っこしたり高い高いってやったりしたんですよ」と当時を懐かしんだ。

 会見には黒木華も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ