プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

フジ久慈暁子アナ『お笑い向上委員会』新アシスタント就任「さんまさんに頭をたたかれたい!」

『さんまのお笑い向上委員会』新アシスタントに就任した久慈暁子アナウンサー(C)フジテレビの画像

『さんまのお笑い向上委員会』新アシスタントに就任した久慈暁子アナウンサー(C)フジテレビ

 フジテレビの久慈暁子アナウンサーが、4月から同局バラエティー『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜 後11:10)の新アシスタントに就任することが決定した。2015年4月の番組開始からアシスタントを務めてきた久代萌美アナは3月いっぱいで卒業する。

【写真】明石家さんま&久慈暁子アナの2ショット

 MCの明石家さんまと久慈アナは、『FNSアナウンサー』(2020年4月18放送)での共演はあるものの、レギュラー番組での共演は初めて。以前に番組でお笑い芸人・おばたのお兄さんと山崎夕貴アナの披露宴を行った際に参列者として出演したが、アシスタントとしての初収録に、緊張の面持ちで臨んだ。

 さんまが「久代からアドバイスはもらったの?」と尋ねると、「はい!絶対答えられない時はさんまさんと目を合わせちゃダメだよ、と。あと、ホリケンさんとは仲良くなりすぎたらダメ。(ギャグに)巻き込まれちゃうから」と6年間アシスタントを務めた先輩アナから本音(?)の指導を受けたことを明かし、スタジオは爆笑。しかし、先輩アナの心配をよそに、久慈アナは「ホリケンさんとギャグをやってみたいですし、さんまさんに頭をたたかれたいんです!」と息を巻く。

 さんまは「やる気が空回りするのでは…」と心配しながらも、熱い意気込みに押され、笑いの指南をすることに。日本のお笑い界をけん引するさんまやお笑い芸人たちが先生となり、最高級の“お笑いエデュケーション”を受ける久慈アナは、収録後、「緊張もすぐ忘れるくらい、楽しんでしまった」と充実感たっぷりの笑顔に。お笑い芸人も一瞬たりとも気が抜けない“お笑いの戦場”で、久慈アナがどのような新風を巻き起こすのか。

 さらに、今回はタカアンドトシが番組初登場。『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日)ファイナリストで、飛ぶ鳥を落とす勢いの“シンデレラおじさん”錦鯉との意外な交流エピソードを明かす。切磋琢磨した若手時代の知られざる感動話…のはずが、うそが発覚し大波乱となる。

●久慈暁子アナ コメント

・初回収録を終えて
「最初はすごく緊張したんですが、すぐに緊張を忘れてあっという間に終わってしまいました。お笑い芸人さんたちも緊張すると聞いていた番組なので、収録前はドキドキしていましたが本当に楽しかったです。私は笑い上戸なので、収録中に“やばい!笑いすぎかも!”と我に返る瞬間も(笑)。これから私もお笑いのスキルを磨いて、芸を身につけていきたいと思います!」

・新アシスタントに決まった時の心境について
「とにかくうれしかったです!友人とも話をするほど、ずっと番組のファンだったので、まさか自分がアシスタントになれるなんて!と驚きました。おばたのお兄さんと山﨑アナの披露宴の回に出演させていただいたのですが、その時に“この番組はすごい!ここは戦場だ”と感じたことを思い出して気を引き締めました」

・レギュラー番組で初共演となるさんまの印象について
「さんまさんに話しかけられたから“何か返さないと!”と意気込んでいましたし、“できるかな”と心配もありました。でもさんまさんも他のお笑い芸人の方も、私が何を言っても絶対に面白くしてくださるのでとてもありがたかったです。久代アナにアドバイスしていただきましたが、今回は何回も目を合わせていただきました(笑)」

・視聴者の方にメッセージ
「久代アナがホリケンさんとギャグをよくやってきたので、私もその精神を引継いでいきたいと思います!視聴者の皆さんにこれからも楽しんでいけるように、頑張りたいと思います」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ