プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】“尾高平九郎”岡田健史が初登場 文武両道の美青年

28日放送の第7回「青天の栄一」より(C)NHKの画像

28日放送の第7回「青天の栄一」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第7回「青天の栄一」があす28日、放送される。栄一の従弟・尾高平九郎を演じる岡田健史が、初登場する。

【第7回場面写真】草なぎ剛と川栄李奈の共演シーン

 大河ドラマ初出演の岡田が演じる平九郎は、栄一の従兄・惇忠(田辺誠一)、長七郎(満島真之介)、千代(橋本愛)の尾高家の末っ子。偉大な兄たちの背中を追いかけ、姉の千代を心から慕い、文武両道で心優しい美青年に育つ。その後栄一のパリ行きに伴い、見立て養子となるが、そのことがきっかけとなり幕府崩壊の動乱に巻き込まれていくという役どころだ。第6回までは、高木波瑠が子ども時代を演じていた。

 あす放送の第7回。老中・阿部正弘(大谷亮平)が亡くなり、混乱した幕府では、慶喜を次期将軍に推す声が日ごとに高まっていく。血洗島では、長七郎が武者修行のため江戸へ。栄一は、千代とぎくしゃくした関係だったが、喜作が嫁にもらいたいと言い出し動揺。そして、惇忠(田辺誠一)と藍売りに出かけた栄一は、漢詩を詠みながら山道を歩く中で自分の真の思いに気づき、そびえたつ山頂で…。

 公式サイトの予告映像では、千代への思い、次期将軍候補問題と、それぞれの決断が迫っている様子、栄一が覚悟を決め“青天を衝く”姿も収められている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ