プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】第7回「青天の栄一」あらすじ 栄一が気づいた“真の思い”

28日放送の第7回「青天の栄一」より(C)NHKの画像

28日放送の第7回「青天の栄一」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第7回「青天の栄一」があす28日、放送される。

【第7回場面写真】草なぎ剛と川栄李奈の共演シーン

 第6回「栄一、胸騒ぎ」では、長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術に励む栄一は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまうシーンが話題に。一方の江戸では、慶喜(草なぎ剛)が、正室に迎えた美賀君(川栄李奈)の気性に頭を悩ませたり、篤君(後の天璋院)を演じる上白石萌音が初登場した。

 あす放送の第7回。老中・阿部正弘(大谷亮平)が亡くなり、混乱した幕府では、慶喜を次期将軍に推す声が日ごとに高まっていく。血洗島では、長七郎が武者修行のため江戸へ。栄一は、千代とぎくしゃくした関係だったが、喜作が嫁にもらいたいと言い出し動揺。そして、惇忠(田辺誠一)と藍売りに出かけた栄一は、漢詩を詠みながら山道を歩く中で自分の真の思いに気づき、そびえたつ山頂で…。

 公式サイトの予告映像では、千代への思い、次期将軍候補問題と、それぞれの決断が迫っている様子、栄一が覚悟を決め“青天を衝く”姿も収められている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ