プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【仮面ライダーセイバー】第28章「記す過去、描く未来。」あらすじ 蓮の決断に倫太郎は

『仮面ライダーセイバー』第28章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映の画像

『仮面ライダーセイバー』第28章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 波乱のストーリーが展開されている『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。第28章「記す過去、描く未来。」が、28日に放送される。

【写真】決意の表情で変身しようとする飛羽真

 エレメンタルドラゴンのワンダーライドブックで新しい力を手にした飛羽真(内藤秀一郎)。そんな飛羽真の力を認めざるを得ないマスターロゴス(相馬圭祐)だったが、そこで恐ろしい決断を下すことになる。

 一方、賢人(青木瞭)が復活したことで蓮(富樫慧士)は、組織を離れ賢人と行動を共にすると決断。倫太郎(山口貴也)に別れを告げ、サウザンベースを後にする。そして残された倫太郎は…。

 また、賢人は一緒に戦おうと呼びかける蓮に対しても、聖剣を封印すると言いカリバーに変身する。その賢人を止めるべく、飛羽真はセイバーエレメンタルプリミティブに変身するが。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ