プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

亀梨和也、『レッドアイズ』撮了も“打ち上げナシ”に寂しさ 木村祐一「2人で青春アミーゴ歌ったのに…」

『レッドアイズ 監視捜査班』のクランクアップを迎えた木村祐一、亀梨和也(KAT-TUN)、シシド・カフカ (C)日本テレビの画像

『レッドアイズ 監視捜査班』のクランクアップを迎えた木村祐一、亀梨和也(KAT-TUN)、シシド・カフカ (C)日本テレビ

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、主演する日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)最終話(27日放送)のクランクアップを迎えた。共演のシシド・カフカ、木村祐一とともに撮影を終えた亀梨はあいさつの最後に「(コロナ禍で)打ち上げをできないのが本当に残念ですけど」とポツリ。すかさず木村から「打ち上げあったら、亀ちゃんと2人で青春アミーゴ歌ったのに。練習してたのになぁ」と合いの手をいれ、劇中さながら息のあったかけあいをみせ、スタジオの笑いを誘った。

【動画】ついに最終決戦…亀梨和也主演『レッドアイズ』最終回予告

 現場では「オールアップです!」の声がかかると、3人に温かく大きな拍手が送られた。まず、木村は「めちゃめちゃ楽しかったです。最高のチームでした。この仕事を続けてこられて、亀ちゃんとは15年ぶりにお仕事をご一緒させてもらって『再会できる喜び』を感じましたし、今回初めて会った人もまた再会できるといいなぁという喜びがあるので、本当に感謝です。お話できなかった人もいると思いますが、どこか現場で会ったらこうして(レッドアイズの『見てるぞ』のハンドサイン)やってください。ありがとうございました」としみじみ。

 続いて、シシド・カフカも「運動が苦手な私がアクションとはどうなることかと、クランクイン前は、ものすごくドギマギしておりましたけれども、亀梨さんはじめみなさんのおかげでなんとか走りきることができることができて、うれしく思っております。お疲れ様でございました。ありがとうございました」と感謝を込めた。

 最後に亀梨は「本当にみなさんお疲れ様でした。なかなかハードな部分も各部署たくさんあったと思いますけれど、改めてみんなで作ってるんだなということを非常に実感できる時間を過ごさせていただきました。世の中がこういう状況の中でも止まることなく、こうしてクランクアップを迎えられるということを本当に心からチームに感謝したいなと思います」とねぎらいの言葉をかける。

 また、同局で数多くのドラマに出演してきたものの「今回は初めてお仕事させていただくスタッフの方たちが多かったので、改めて『連ドラってこれだよね』と、新鮮な気持ちでオールアップを迎えることができたことを大変ありがたく感じております。休めるときにはしっかり休んで、引き続き、みなさんと良い作品づくりを違う場所でも続けていけたらいいなと思います。本当にありがとうございました」と気持ちを新たに、締めくくっていた。

 

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ