プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

新プロジェクト『takt op』発表、アニメ&ゲーム展開へ クラシック扱う少女たちの物語

新プロジェクト『takt op.(タクトオーパス)』発表 (C)DeNAの画像

新プロジェクト『takt op.(タクトオーパス)』発表 (C)DeNA

 バンダイナムコアーツとDeNAは、クラシックの楽曲をモチーフにした少女たちが戦う新プロジェクト『takt op.(タクトオーパス)』を発表した。あわせてストーリーや、登場キャラクターなどの情報が公開された。2021年にテレビアニメ・ゲーム展開を予定している。

【画像】「運命」「木星」…美少女化した名曲たち

 同作は、クラシック音楽の楽譜の力を宿した少女たちの運命の物語。「音楽は、力となる」世界を舞台に、楽曲は少女に宿り力を成した。かつての時代に生み出された伝説の歌劇、偉大な楽曲。その楽譜を吹き込まれた新たなる命「ムジカート」と呼ばれ、音楽を失った世界で、音楽の力を用いて戦う少女達の儚くも美しい、運命の物語で、彼女たちはただ、その先にある歓喜を目指す。

■キャラ紹介
「運命」(CV:本渡楓) ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
「木星」(CV:依田菜津) ホルスト:大管弦楽のための組曲『惑星』第四楽章「木星」
「きらきら星」(CV:指出毬亜) モーツァルト:「きらきら星変奏曲」
「ワルキューレ」(CV:上坂すみれ) ワーグナー:舞台祝祭劇「ワルキューレ」
「カルメン」(CV:花守ゆみり) ビゼー:オペラ「カルメン」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ