プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

森七菜&Kaito、ペアルックで腕組み2ショット 『mini』初の男女カップル表紙

『mini』5月号(宝島社)表紙を飾る(左から)Kaito、森七菜の画像

『mini』5月号(宝島社)表紙を飾る(左から)Kaito、森七菜

 女優の森七菜と、インディーズバンド・インナージャーニーのドラマーのKaitoが、4月1日発売の女性ファッション誌『mini』5月号の表紙に登場。男女カップルが同誌の表紙を飾るのは、創刊21年目にして初めてとなる。

【写真】“美しすぎる流し目”を披露したKaito

 同誌の新キャッチコピーは「miniはジェンダーレス宣言▼(=ハート)」。同号では誌面で登場するモデルは男女ほぼ半数ずつになり、男女で同じアイテムを入れ替えた“洋服シェア・コーディネイト”や、男性のメイク&ネイル企画も掲載。さらにAwesome City Clubが着こなすユニセックスブランド、家族・友だち・恋人のリアルなシェア事情など、ジェンダーレスな特集を実施していく。

 同誌の見澤夢美編集長は「もともと、ストリートファッションは男女関係なく楽しめるものだと思っていて、意識的に男女のファッションページを入れるようにしていました。企画の反響が大きく最近は以前よりもさらに需要を感じるようになってきました」と近年の変化を指摘。同誌も男性読者や「カップルで読んでいる」という声も多数寄せられていた。

 こういった流れや「市場全体でもユニセックスなブランドが増加したり、男女でシェアすることが幅広い世代で一般的になってきたことから、改めて『ジェンダーレス宣言』というワードを発信することにしました」と意図を説明。今後は「ファッションもビューティも、男女関係なくモデル起用していきます。『mini』らしい世界観のまま、『女性誌』ではなく、みんなに読んでもらえる『ストリートファッション誌』として育てていきたいと考えています」と打ち出した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ