プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

サンドウィッチマン伊達、ステージ1の膀胱がんと公表 早期発見し手術で腫瘍切除「無事に生還しました!」

伊達みきお (C)ORICON NewS inc.の画像

伊達みきお (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(46)が26日、自身のブログを更新し、ステージ1の膀胱がんであると公表した。

【写真】病院で元気そうな笑顔を見せたサンドウィッチマン伊達

 伊達は「さて、私事ですが…先日、約1週間の入院をしておりました」とし、「先月のある日の朝、血尿が出ました…。少し赤いとかではなく、完全に鮮血でした。しかし、どこも全く痛みがなく…なんだこれ??って感じでした。その日は仕事を夜までやり、そのまま病院へ。CT検査をしても何もなく…。だとすると、膀胱だと。数日後、膀胱にカメラを入れて検査をすると2センチ程の腫瘍が見つかりました」と経緯を説明した。

 そして 「この腫瘍は手術して切除しないといけないとなり、日を改めて入院。翌日に内視鏡手術。病名は『膀胱癌(がん)』 ただし、早期発見のステージ1。腫瘍の根も浅く、全身麻酔をして全て手術により切除出来ました」と伝えた。今後は3ヶ月に1度、膀胱検査をして経過を見ていくという。

 伊達は「『癌』と言われ、かなり焦りましたが…何よりも発見が早く、無事に生還しました! 人生初めての1週間もの入院。病院のご飯もおいしく堪能しました。デザートにメロンとかも出るし(笑)」と冗談を交えつつ、心境をつづった。

 また自身の経験から「痛みのない血尿は身体からの大きなサインです」と注意喚起。「トイレに行く度、毎回血尿が出る症状というわけでもないので、痛くもないし病院にも行かない方が多いと聞きました。でも、放置しておくと手遅れになり大変な手術をしなければならない状況になってしまいます。何事も、早目の処置が大事なんですね。身をもって知りました」と語った。

 また「入院の期間、さまざまな番組収録を休まなければならず、多大なご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした」と謝罪。その間は、相方の富澤たけし(46)が奮闘していたそうで、伊達は「普段の収録よりもよく喋ってくれた様で良かったです(笑) いや、普段から喋れよ!」とツッコんでいた。

 「いつも出演している番組に僕が出ていなかったり、パネルになっていたり…心配される方がいらっしゃったらと思い、病気療養の事実を公表する事になりました」とし、「全く元気に復活しておりますので大丈夫です」と力強くアピール。「皆さんも、血尿が出たら迷わず病院へ行きましょう!」と呼び掛け、「執刀して下さったドクター、入院中お世話して下さった看護師の皆様…病院スタッフの皆様ありがとうございました!」と感謝した。

 伊達は1974年9月5日生まれ、宮城県出身。1998年9月に富澤と共にお笑いコンビ・サンドウィッチマンを結成。金髪に派手なネクタイがトレードマーク。2007年に『M-1グランプリ』優勝、2009年『キングオブコント』準優勝という成績を残している。テレビのバラエティー番組などに出演するなど、幅広く活躍している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ