プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

押田岳、『主夫メゾン』最終回ゲストで結木滉星と本格共演 “ゲイツ”と“パトレン1号”の夢ショット

『主夫メゾン』第6話より(C)テレビ朝日・MMJの画像

『主夫メゾン』第6話より(C)テレビ朝日・MMJ

 動画プラットフォーム「TELASA(テラサ)」初のオリジナルドラマ『主夫メゾン』の第6話が、きょう26日に配信開始。今回が最終回で、ゲストとして俳優の押田岳が登場する。

【写真】和気あいあいとギョーザ作りをする押田岳&結木滉星

 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の結木滉星、『仮面ライダードライブ』の稲葉友、『仮面ライダージオウ』の奥野壮、『仮面ライダーゴースト』の磯村勇斗、『仮面ライダーエグゼイド』の瀬戸利樹といった「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズなど、テレビ朝日特撮枠ドラマ経験者の人気若手俳優5人が各エピソードの主役を務めることで話題となった同作。主夫家庭限定マンションに暮らす十人十色の“理想の主夫”に扮するオムニバス形式のハートフルラブコメとなっている。

 最終話では、第1話でメインとなった軽はずみな新人主夫の神谷リク(結木)と、明るくてシッカリ者の妻・神谷一果(矢作穂香)がふたたび物語の主軸に。かつて“勢い”で主夫に転身したリクだったが、今では家事もお手のもの。やりがいも見出しながら専業主夫道を突き進んでいたが…。リクが、妊娠して将来の生活への不安を抱き始めた一果と衝突し、まさかの「主夫をやめる」宣言。はたして、リクは本当に主夫をやめてしまうのか。波乱万丈な物語が幕を開ける。

 そんな中、最終話からリクと一果の2ショットなど、とっておきの場面写真が公開。そこには“見知らぬ主夫”がもう1人。『仮面ライダージオウ』で注目を集めた押田で第6話のカギを握る新米主夫・野崎に扮し、映画『一礼して、キス』(2017年)や特撮イベントなどでも一緒だった結木と、待ちに待った本格共演を果たす。

 押田が演じる野崎は、神谷家の隣室に引っ越してきたばかりの主夫。主夫歴わずか数日の野崎は、サウナで出くわしたリクに、新米主夫ならではのピュアな思いや迷いを打ち明けることに。主夫をやめる宣言はしたものの、内心悩んでいたリクは、野崎の話を聞き、新たな道を模索し始める。「悩めるリクが一歩前に進めるキッカケを与える存在ということを意識して、役を作らせていただきました」という押田は、役作りはもちろん、結木との共演も謳歌。「結木さんは真面目で芝居がお好きなんだろうなぁ、という印象でした。いつも優しいですし! 今回ようやくちゃんとお芝居で会話ができて、うれしかったです」と、興奮冷めやらぬ様子。

 今回は結木と押田が仲良くギョウザを作るシーンも。実は押田は料理が得意で、普段からギョウザも作るという。さらに最近は豚の角煮も作るそうで、「料理の中ではわりと手間がかかるメニューなので、将来の奥さんにぜひ作ってあげたいです」とにっこり。「僕自身も絶対に主夫になれると思います」と断言するぴったりな役となった。

■出演者コメント
【押田岳】現代の「結婚」や「カップル」の1つのカタチとして「主夫」は認識はされているけど、まだまだこのお話のように周りには言いづらい部分もあると思います。このドラマはそういう夫婦関係の方々に勇気を届けられると思います。野崎役として、こういった現代社会にまつわるテーマのドラマに参加させていだだけてうれしかったですし、見知った同期や先輩方がたくさんいらっしゃったのも楽しみでした。単純に夫婦に限らず、「コレってこういうカタチでもいいんじゃない? でも周りに言うのは…」という問題を抱えている方々にもぜひ見ていただきたいです。

 結木(滉星)さんは真面目で芝居がお好きなんだろうなぁ、という印象でした。いつも優しいですし! 僕の初めての映像現場でも、そして僕の代表作である特撮のときもご一緒したのですが、今回ようやくちゃんとお芝居で会話ができて、うれしかったです。今回は悩めるリクが一歩前に進めるキッカケを与える存在ということを意識して、役を作らせていただきました。

 ちなみに、僕自身も家事が得意なので、絶対に主夫になれると思います。好きな家事は料理。劇中ではギョウザを作るシーンもありましたが、僕自身も作ります。僕流のこだわりは具材を細かくしすぎず、なるべくいっぱい詰めることです。あと、豚の角煮も最近作ります。料理の中ではわりと手間がかかるメニューなので、将来の奥さんにぜひ作ってあげたいです。

【結木滉星】ついに「主夫メゾン」最終回が配信です。神谷リクを通して、このコロナ禍だからこそ、当たり前がいかに難しいことかを感じることがたくさんあった気がします。多くの人たちの尽力があって作品が作れて、そして観てくれる人がいる。今までは正直あまり意識出来てなかったけど、すごいことなんだなと改めて感じました。『主夫メゾン』を観てくれた人が何かしら感情が動いて、僕たちの想いを受け取ってくれたらすごくうれしいです。神谷リクの優しさ、男らしさ、成長、最後まで見届けてやってください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ