プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

黒木華&柄本佑、結婚5年目の漫画家夫婦役 不倫夫を漫画で追い詰める

黒木華&柄本佑が漫画家夫婦役で共演、映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 (C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会の画像

黒木華&柄本佑が漫画家夫婦役で共演、映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 (C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

 『嘘を愛する女』(2018年)や『哀愁しんでれら』(21年)などを輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018」準グランプリ受賞作品『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が、黒木華、柄本佑の共演で映画化され、9月10日に公開されることが決定した。

【写真】劇中漫画を担当する鳥飼茜氏、夫は浅野いにお氏

 物語は、漫画家の早川佐和子(黒木)がある日突然、「不倫」を題材に新作漫画を描くと言い出すところから動き出す。そこにはそっくりそのまま自分たち夫婦が描かれ、佐和子の担当編集者と不倫をしていた夫で、同じく漫画家の早川俊夫(柄本)は、佐和子にバレたかもしれない!と精神的に追い詰められていく。さらに漫画は、佐和子と自動車教習所の先生との淡い恋へと急展開。俊夫は恐怖と嫉妬に震えながら漫画を読み進めていくが…。「現実と漫画の世界、ウソとホンネが交錯する漫画家夫婦の心理戦」に加え、誰しもが身に覚えのある男女感のズレがユーモラスに描かれ、「結婚5年目夫婦」の“あるある”も、大きな見どころのひとつ。

 脚本・監督は、4月スタートのBSテレ東のドラマ『高嶺のハナさん』でも監督を務める、堀江貴大。さらに、劇中漫画を漫画家・アラタアキ氏と「サターンリターン」(小学館)の鳥飼茜氏が担当。映画ファンだけでなく、漫画好きも注目の一作に仕上がっている。

 黒木は「脚本を最初に読んだ時、漫画部分と実写映像部分の繋がり方が面白いなと思い、どういうふうな映画になるんだろうと楽しみでした。ミステリーのようにドキドキする場面もあるので、二人の漫画家の行先を是非楽しんでください」とコメント。

 柄本も「堀江監督のホンは非常にウェルメイドで、出来上がるまでどんな映画になるのか予想のつかないものでした。そんな中切磋琢磨してできあがった映画は、想像をこねくりまわすものと仕上がっていると思います。フラットにお楽しみ下さい!」と呼びかけている。

 また、2人が演じる“夫婦”について、堀江監督は「“佐和子”という底が知れない人間を、黒木華さんがキュートさとクールさという二面性を持って繊細に表現し、物悲しくも恐ろしくもあるキャラクターが誕生しました。そして、恐怖と嫉妬にもだえ苦しむ“俊夫”という人間を、柄本佑さんが時にカッコ良く、時にカッコ悪く、愛嬌たっぷりに演じてくれました。この漫画家夫婦の一風変わった夫婦喧嘩の行き着く先はどこなのか。ニヤニヤヒヤヒヤしながら、楽しんでご覧いただきたいです!」と話している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ