プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Snow Man、かまいたち濱家&ぺこぱから“愛”あふれるコメント「空きが出たら入りたい」

8日放送『ガンバラナー』に出演するSnow Man (C)フジテレビの画像

8日放送『ガンバラナー』に出演するSnow Man (C)フジテレビ

 人気グループ・Snow Manが出演する、4月8日放送のフジテレビ系バラエティー『ガンバラナー』(後11:15)。このほど収録を前に、体を張ったお笑いゲームバラエティーに挑戦する、Snow Manとぺこぱ(松陰寺太勇、シュウペイ)、MCの濱家隆一からコメントが到着した。芸人たちはそれぞれ、Snow Manのポテンシャルやバラエティー力を絶賛。松陰寺が「シュウペイはSnow Manに空きが出たら入りたいんです」といい、シュウペイも「シュウペイポーズをいろんなところでやってくれているのでうれしくて」とうれしげに語っている。

【写真】ニューヨーク、ぺこぱ、ネルソンズも参加

 Snow Manへの愛があふれるシュウペイは「僕たちもテレビに出始めて2年目、同じような境遇ですが、Snow Manはテレビでもいろんなジャンルで活躍している、今を引っ張るジャニーズなので、ただただうらやましいです、大好きなので!」と猛アプローチ。ラウールからも「大好きです!」と応じられると「ありがとー! ラウちゃん!」とすっかりなかよしモードだ。

 濱家は「デビューして2年目ということで、SixTONESに負けたくないという思いも含めて勢いがすごいですね。バラエティーに強い人多いな、というイメージがあり、一方で頭脳明晰(めいせき)な方も、すごい筋肉の方もいらっしゃるし…多才な方が多い印象です」と、その個性に感心。松陰寺は「コメントを聞いていても、お互いの役割を分かっている掛け合いがすごいです。よしもと芸人の中に放り込まれたサンミュージックのぺこぱの感じを思い出します(笑)」と親近感を感じているよう。さらに濱家からは「ぱっと見、Snow Manの方がシュウペイよりもバラエティーができている感じ(笑)」との言葉もかけられた。

 これを受け、岩本照は「ありがたいですし、SixTONESに負けない気持ちももちろんありますが、ファンの皆さんと共に一丸となっていろいろなことに挑戦していきたいです」と気を引き締め、ラウ―ルも「みなさんに知っていただけるだけでうれしいです。これから収録なので、少し心が軽くなりました!」と大喜び。深澤辰哉は「普段テレビに出ている方と共演できるのがうれしいです。普段MCをやらせていただいているので濱家さんのMCが楽しみ。ご指導よろしくお願いします」と申し出た。

 番組では“ガンバラナーチャレンジ”として、太鼓の音に合わせて背筋をしながら、お題に出された頭文字から始まる言葉を交互に答え合う“カシラ取り背筋太鼓”など3つのゲームが登場。イチオシメンバーについて目黒蓮は「ダテさん(宮舘)ですかね。世界観ができているので」と紹介。そんな宮舘は「岩本じゃないかな、と。もっている肉体で、笑いも競技も勝ちに行こう!」と発破をかけ、岩本は「僕は佐久間(大介)推します。ドラマ班リーダーでもあるけど、身体能力も高いし。誰もが想像しない方向のゴールに向かって輝いてほしいです!」と期待していた。

■出演者意気込みコメント

濱家「どう考えてもSnow Manを推していく番組ですよね(笑)。Snow Manの勢いがすごいので乗っからせていただき、我々も勢いつけて楽しい番組にしたいと思います」

松陰寺太勇「Snow Manさんに頑張ってほしいのはもちろんですが、僕たちも37なので、体にむち打ったおじさんが、どうなるか?というのをみなさんにお届けできたら」

シュウペイ「Snow Man さんがめちゃくちゃ大好きなので、ここで結果出して“シュノーマン”のメンバーに誰かを取り込みたいと思います」

岩本照「自分たちのみならず、みなさんと力を合わせてお茶の間の皆さんに笑顔というエンターテインメントを届けたいと思います」

目黒蓮「仲の良さやチームワークを生かして、芸人さんたちからいろいろなものを吸収して頑張っていきたいと思います」

ラウール「アイドルと芸人さんが一緒にできるということが、すごくうれしくて純粋に楽しみです」

深澤辰哉「普段はドラマ班なので、バラエティーは得意じゃないのですが。(※メンバーが『おい!』とざわつく)今回はバラエティーということで、精いっぱい自分の出せる力を出し切って楽しい番組にできたら」

渡辺翔太「芸人さんと一緒にこうやって番組ができる機会がめったにないので、いろいろ学びながら収録できたらと思います」

向井康二「僕もドラマ班のリーダーなので、バラエティーは理解できないことが多いのですが(笑)。『ガンバラナー』というタイトルも新鮮で、今の時代体を張る番組が少ないので、今回しっかりと爪跡を残してガンバラナー!」

佐久閒大介「僕もドラマ班リーダーとして(※回りから『もういいよ!』) “ガンバレルーヤ”で…すみません。この番組をいかに世間の皆さんの心に残せるか、番組が続くことを狙って、いっぱいアピールしたいです」

宮舘涼太「健康第一。芸人の皆さんからバラエティーを学びながら笑顔という幸せなプレゼントを届けたいです」

阿部亮平「Snow Man2年目でまだまだガンバラナー!ということで僕たちのもがく姿、奮闘する姿をまだまだ楽しんでもらいたいですし、芸人の皆さんからいろいろな番組に通じる“盛り上げ方”を学んでいきたいと思います」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ