プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

JO1、地上波オンエアをかけた戦い「ガチガチに緊張しました」 インタビュー動画公開

26日放送地上波初冠番組『トレスギJO1』でパフォーマンスを披露するJO1 (C)フジテレビの画像

26日放送地上波初冠番組『トレスギJO1』でパフォーマンスを披露するJO1 (C)フジテレビ

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1の初の地上波冠番組『トレスギJO1』が26日深夜0時55分から放送される。世界に通用する“インパクトパフォーマンス”すなわち多くの人の記憶に残るような強烈なパフォーマンスの習得を目指していくこの番組で、メンバーたちが地上波オンエア枠をかけ“ド緊張”の審査に臨んだ。

【写真】子犬のようなかわいさでマイクをつける豆原一成

 “インパクトパフォーマンス”をメンバーそれぞれが事前に特訓・習得し、収録スタジオに集まったJO1メンバーや芸能人審査員(ヒロミ、フットボールアワー・後藤輝基、3時のヒロイン、浜口京子)の前で一人ずつパフォーマンスを披露していく。JO1はわずか“10日間”という短い練習期間のなかで必死に練習を重ね、ただでさえ多忙なスケジュールの中で睡眠時間を削ってまで練習してきた

 3月某日の審査当日、メンバーはお互いがどのようなパフォーマンスを披露するのか知らされていないため、当日リハーサルも個別で実施。一人あたりの持ち時間10分のなか、すでに自信に満ちた様子のメンバーや、不安げな表情でリハに臨むメンバーなど、パフォーマンスの出来に対してそれぞれだいぶ異なる手ごたえを感じている様子。

 ヒロミら芸能人審査員がJO1の待つスタジオに入ってくると、一同は全員起立で「よろしくお願いします!」と大声であいさつ。ベテランタレントの雰囲気に圧倒されたのか、皆がどこかソワソワしはじめ、河野純喜も「緊張してきた…」とこぼした。番組の放送1時間に対して、11人分のパフォーマンスは確実に“撮れすぎ”てしまうため、全員分の映像を放送することは不可能。今回、地上波オンエア枠として放送できるのは11人中7人のみとなる。熾烈(しれつ)な戦いを制して、オンエア枠を勝ち取った7人とははたして…?

 併せて、初の地上波冠番組の収録を終えたメンバーが感想などを語り合うインタビュー動画も公開されている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ