プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

霜降り・せいや、粗品中心のCMに嘆き「あんな短い出演ある?」 “ブラピ超え”ならず

粗品中心のCMに嘆いたせいや (C)ORICON NewS inc.の画像

粗品中心のCMに嘆いたせいや (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビの霜降り明星、モデルのめるること生見愛瑠が25日、都内で行われたデニムブランドのEDWINの『EDWIN JERSEYS 新CM発表会』に参加。CMで「ブラピを超える」と息巻いていたせいやだったが、実際のCMを見ると出演時間の短さにボヤきが止まらなかった。

【全身ショット】デニム姿でスタイル抜群のめるる

 冒頭のあいさつで、せいやは「霜降り明星のエドウィンです。よろしくお願いします。もう、エドウィンとしてやっていきます」とEDWINへの愛を猛アピール。その後も「普通のデニムより楽にはける。はいてないと思ってます。言われて、はいてるのに気付きました」と魅力を力説した。

 EDWINのCMと言えば、ブラッド・ピットを起用した「503」のCMが有名。CMキャラクターに決まった時の心境について、せいやは「あのEDWINさん。ホンマに学生時代からお世話になっている会社の商品。うれしかったです。ブラッド・ピット超えるぞって気持ちです」と気合十分で、粗品から「君が?」とツッコまれた。

 「完成版を見てないので楽しみ!」とせいやは胸を躍らせながらテレビCMを見たが、粗品がメインでせいやの出演時間は1秒にも満たなかった。めるるは「えっ…、うそ!」と絶句し、2人は大爆笑。WEB限定CMもあったが、こちらは足つぼマッサージでおなじみの与那嶺さんが、せいやの足つぼを刺激し、もんどり打つという内容だった。

 せいやは「地上波、出してください! あんな短い出演見たことあります?」と嘆き。「与那嶺さんと全く同じ尺。みんな、与那嶺さんしか見てないですよ…。コンビでCMと聞いていたのに、粗品とほとんど会わなかった。与那嶺さんが『ホントに柔らかいですね』って。なんで俺はマッサージ師のおじさんとEDWINの良さを語り合わないといけないんですか!」とボヤきは止まらなかった。

 ただ、足つぼシーンについて、せいやは「あれは演技です。絵コンテ通り。めちゃくちゃ痛いけど、発注があったようにミリ単位で右へ左へ動きました。プロですから」と俳優気取りで語り、粗品から「あれ演技なの?」と苦笑いされていた。

 “スゴイラクなデニム”として支持された「エドウイン・ジャージーズ」が、はきやすさと本格的な加工で新世代ジャージーズに進化。霜降り明星が出演するCMは28日から放送開始。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ