プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『映画 モンスターハンター』ほとばしる“モンハン愛” こだわり紐解く特別映像

『映画 モンスターハンター』(3月26日公開)ミラ・ジョヴォヴィッチ、ポール・W・S・アンダーソン監督(C) Constantin Film Verleih GmbHの画像

『映画 モンスターハンター』(3月26日公開)ミラ・ジョヴォヴィッチ、ポール・W・S・アンダーソン監督(C) Constantin Film Verleih GmbH

 日本発の大ヒットゲームシリーズをハリウッドで実写映画化した『映画 モンスターハンター』(3月26日公開)。このたび、本作の”モンハンワールド”が、いかにゲームシリーズへのリスペクトにあふれ、現実世界の延長線上かのような感覚に陥るほどの完成度へと到達したのか。主演ミラ・ジョヴォヴィッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンらが嬉々として映画を語る表情が印象的な特別映像が解禁された。

【動画】制作陣のこだわりを紐解く特別映像

 冒頭から主演ミラ・ジョヴォヴィッチが「モンハン大好きよ。早くこの映画を届けたいわ」、監督ポール・W・Sアンダーソンが「私もモンハンの大ファンで、ゲームの世界観に惚れ込んだんだ」と惜しみなく”モンハン愛”を語るほか、次々と挿し込まれるゲームプレイ映像と映画のシーンはその垣根を超え、ひとつの”モンハンワールド”として世界観が貫かれていることを見せつける。

 ゲーム「モンスターハンター」の主な目的はモンスターやその行動、特徴、攻撃方法、強みや弱みを研究していくとことにあるため、ファンたちは、他の典型的なゲームファンに比べるとモンスターの細部までよく知っていて、目も肥えていると考えたプロダクション・デザイナーのエドワード・トーマスは製作準備初期段階にトーマスは熱心なゲーマーとグラフィックアーティスト何人かを自分の部門に連れてきたそう。

 映像内に収められている強大な敵となるディアブロス亜種、リオレウス、ネルスキュラ、またプレイヤーのサポート役として人気を博すアイルーといったモンスターから、大剣やグレイトハンターボウなどの武器、さらにはファンにはお馴染みの”肉焼き”などは余念のない徹底ぶりで、既に本作を観たモンハン好きマスコミ陣からも「ゲームの世界が上手く再現されている!」と絶賛されるほど。

 人間の生活もありながら巨大モンスターが生息する「現実世界」に相応しいロケーションを追い求め、ナミビアの海岸砂丘やセスリエム渓谷、南アフリカのタンクワなどで過酷な撮影を敢行。「モンスターハンターシリーズ」のプロデューサー・辻本良三と「 モンスターハンター:ワールド」エグゼクティブディレクター・藤岡要、映画本作にもアソシエイトプロデューサーとして携わる両氏が充実の表情を浮かべるのも納得の仕上がりだ。

 10年以上に渡りこの映画化プロジェクトをけん引してきたポール・W・S・アンダーソン監督を筆頭に、キャスト・スタッフ、あらゆる関係者の大いなる”モンハン愛”こそが、『映画 モンスターハンター』の原点にして核心であることをこの映像は物語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ