プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SixTONES松村北斗、『レッドアイズ』撮了で感謝「のびのびとお芝居させていただきました」

『レッドアイズ 監視捜査班』をクランクアップした松村北斗(SixTONES) (C)日本テレビの画像

『レッドアイズ 監視捜査班』をクランクアップした松村北斗(SixTONES) (C)日本テレビ

 人気グループ・SixTONESの松村北斗が、27日放送の日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)最終回を前にクランクアップを迎えた。天才ハッカー・小牧要役を完走。松村は「役について衣装合わせの時から、いろいろお聞きして作っていったんですが、作品性や他のみなさんのキャラクターを理解していくなかで、『これでいいのかな?』と不安に思いながら演じてきました。ひとり浮いてたかもしれないんですが、スタッフ・キャストみなさんの優しい目の中で、のびのびとお芝居させていただいて、とても楽しかったです。ありがとうございました」と感謝を込めた。

【写真】松村北斗との“ながこま”コンビが反響を呼んでいる趣里

 緊張感漂うなか、松村が最終回中盤の重要なシーンを撮り終えると「オールアップです!」の声とともに、スタジオには歓声と大きな拍手が。自らのあいさつで、改めて温かい拍手が起こると松村は「(小牧は)何度も拉致されるし、前半はぜんぜんハッキングしないし(笑)」と顔をほころばせながら愛あるツッコミを入れる場面も。またこの日は、長久手刑事役・川瀬陽太、姉川刑事役・長田成哉、そして伏見(亀梨和也)を苦しめる強敵・真弓役のTAK∴(坂口拓)も続々とクランクアップを迎えた。

 最終回では、小牧の銃撃現場から逃走した伏見が「容疑者」として警察から追われる身に。そんななか、鳥羽(高嶋政伸)から伏見に直接連絡が入る。そして明らかになる鳥羽の過去。そこには伏見の婚約者・美保(小野ゆり子)の死との思いがけない関係があった。さらに、KSBCのある人物が真弓(TAK∴)に誘拐され、人質に取られる。その背後には鳥羽の「真の目的」が隠されており…。

 これまで覚えたことがないほどの怒りと対峙することになる伏見。彼は、鳥羽の仕掛けた罠と、自らの怒りに打ち勝つことができるのか。そして、KSBCを翻弄した内通者の正体とは。すべての謎が解き明かされる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ