プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

美 少年・那須雄登、『魔女宅』トンボ姿をメンバー絶賛「那須、かわいいじゃん!」

メンバーにトンボ姿を絶賛されたことを明かした美 少年・那須雄登 (C)ORICON NewS inc.の画像

メンバーにトンボ姿を絶賛されたことを明かした美 少年・那須雄登 (C)ORICON NewS inc.

 女優の井上音生、ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の那須雄登らが出演するミュージカル『魔女の宅急便』が25日、東京・新国立劇場中劇場で開幕する。

【集合ショット】横山だいすけ、藤原一裕らキャスト陣と登壇した那須雄登

 『魔女の宅急便』の原作は角野栄子氏が1982年から2009年の27年間にわたって執筆した全6巻の児童書。89年にスタジオジブリの宮崎駿監督によるアニメーション映画化が大ヒット。93年から96年には蜷川幸雄氏演出のもとミュージカル化、14年には実写映画化、16年にはイギリスでも上演された。そして17年には岸本功喜氏の脚本による新演出のミュージカル版が誕生し、上白石萌歌、福本莉子がキキ役を演じてきた。

 3年ぶりの上演となる今回、2016年に第8回『東宝シンデレラ』オーディション審査員特別賞を受賞した井上を抜てき。今作がジャニーズ事務所公演以外の作品に初出演となる那須は、キキの相手役となるトンボを演じる。

 開幕直前の取材で「深呼吸して“楽しむ”ということを忘れないでやりたい」と初々しく意気込んだ井上。見せ場となるフライングシーンに話題が及ぶと「全然恐怖心もなく、もう楽しくて! 私が魔法を使えて空を飛んだらこんな感じなのかな? 毎公演の楽しみです!」と笑顔を弾けさせた。

 赤のボーダーシャツに身を包み、メガネ姿のトンボを完全再現した那須は「メンバーからも『那須かわいいじゃん!』って言ってもらいました。いつもそんなことを言われるタイプじゃないのでうれしい反面、ムズムズします」と照れ笑いを浮かべながら「まだ茶髪の状態をメンバーに見せてない。見学に来てもらった時に『那須、よかったよ』と一言でももらえたらうれしいですね」と期待を膨らませていた。

 そのほか、キキの母である“コキリ”役には生田智子、キキの父“オキノ”役は横山だいすけ、キキが居候するコリコの街のパン屋のおかみさん“おソノ”役は元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役の白羽ゆり、おソノの旦那さん“フクオ”役にはお笑いコンビ・ライセンスの藤原一裕が、前作に引き続き出演し、フレッシュな2人を盛り上げる。

 舞台は、25日~28日まで同所、4月10日~11日まで愛知県芸術劇場 大ホール、15日~18までメルパルクホール大阪で上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ