プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中圭&千葉雄大、日テレ音楽番組でMC初タッグ

日テレ系『MUSIC BLOOD』でMCを務める田中圭、千葉雄大の画像

日テレ系『MUSIC BLOOD』でMCを務める田中圭、千葉雄大

 俳優の田中圭と千葉雄大が4月2日スタートの日本テレビ系音楽特番『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00※初回は11:35~)のMCを担当することがわかった。きょう24日に生放送された同局音楽特番『Premium Music』で発表された。二人は音楽番組の司会をするのも、司会としてタッグを組むのも初めてとなる。

【動画】『あな番』映画化を記念して、菜奈ちゃんと翔太くんからメッセージ!

 同番組では毎週一組のアーティストを迎え、アーティストの原体験やルーツ、自身を形作るもの=「BLOOD」を深堀り。その「BLOOD」にまつわる楽曲のコラボやカバーを交えて送る。また“新しい時代に新しい手法で新しい音楽番組を生み出したい”とバーティカルシアターアプリ・smash.と同局がタッグを組む。

 smash.では、地上波放送直後より、出演ゲストのライブパフォーマンスを1カメラ&ノーカットで収録する”UNCUT”映像を独占配信する。手のひらサイズで、”縦“に特化したシアターアプリの特性をいかし、ゲストをより近距離で撮影。ド迫力パフォーマンスで、アーティストの「BLOOD」をさらに深堀り。バーティカルシアターアプリならではの没入感を視聴者に提供する。

 また、注目のゲストは当日の朝、smash.内の番組視聴ページとsmash.公式ツイッターで発表。気になる初回ゲストも、放送当日の2日の朝にsmash.で告知される予定となっている。

■SHOWROOM代表取締役社長・前田裕二コメント

音楽も、血も、両方「流れる」ものである、というのは、不思議なことです。

そんな妙な偶然も相まってか、時々、人間の体内には血液の他に「音楽の血」が流れているのでは、という夢想にふけります。それほどに音楽は、人が楽しい時も、落ち込んだ時も、どんな時もすっと自然に入ってきて、我々の身体の隅々まで、力を与えてくれるからです。

自分にとって最高の音楽を聴けば、元気になるし、それがないと、何だか力が出ない日もあります。音楽が一体どれだけ、身体中の細胞にエネルギーを運んでくれているのかを考えれば、僕は、この番組のタイトルは、全く大げさではないと思います。

時に、一度体内に入れた音楽の血が、ずっと消えずに、その人の中で流れ続けることもあると思います。あるいは、アーティストとして、「自分の中にあの人の血が流れていたら」と思うほどに誰かの音に惚れ込み、もはや遺伝子レベルで敬愛を持つこともあると思います。
それがまさに、アーティスト自身が持つ音楽の血脈、MUSIC BLOODであり、本番組の主題です。
ある音楽の根底に流れる血脈、いわば音楽の遺伝子を、徹底して濃く深く突き詰めていく音楽番組。
そして、日本初、もしかすると、世界初の、「スマホでしか見られない映像」だらけの、スマホ・オリエンテッドな音楽番組。
MBは、革新的な音楽番組になると思います。

■番組プロデューサー・前田直敬コメント

週末の入口、金曜夜のとてもプレミアムな時間に、プレミアムな音楽番組が誕生します。MCもプレミアムな、田中圭さんと千葉雄大さんのお2人。
1回の放送でお迎えするアーティストは1組。濃く深く“エモい”話に、お2人が迫ります。MUSIC BLOODは、縦型動画配信のバーティカルシアターアプリ『smash.』と連動し、
オリジナルコンテンツ「UNCUT」を配信。出演アーティストの発表もsmash.にて行います。メディアとの接し方、ポジションは変化していますが、何かを伝える時の「爆発力」と「同時多発力」は、今の地上波が持つ優位性だと思っています。
地上波ではアーティストのブラッドを存分に堪能下さい。そして地上波で届かないところ・近いところにあるアーティストのエモさが、smash.を通して「あなた」に届くことを願います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ