プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

池袋暴走事故遺族・松永拓也さんに2年間密着 再発防止を求め39万人の署名を集める

『ドキュメンタリー「解放区」』に登場する松永拓也さん(C)TBSの画像

『ドキュメンタリー「解放区」』に登場する松永拓也さん(C)TBS

 TBSは、4月4日より『ドキュメンタリー「解放区」』(隔週日曜 深0:58)の放送をスタートする。初回は「ぼくは、命果てるまで訴え続ける ~遺族と加害者の現実~」(仮)と題し、2019年4月19日に発生した東池袋での交通事故で最愛の妻と子を失った松永拓也さんに、事故後およそ2年にわたり記者が徹底的に密着したドキュメンタリーを放送する。

【写真】TBSが撮影した飯塚幸三被告

 「日本で今、何が起こっているのか!?」「私たちの周りで今、何が起こっているのか!?」。番組では、切り口、テーマ、手法を問わず、日本全国の今に切り込み、調査報道から史実、人間、動物ドキュメントなど、さまざまなドキュメンタリーを届ける。

 「拓也さんとなら、どこでも楽しくて、毎日幸せです」。6年前に撮影された結婚式の映像には、夫婦の幸せな姿が記録されていた。松永さん母子の命を奪った池袋暴走事故。夫の拓也さんは再発防止を求め、39万人の署名を集めた。

 一方、暴走した車を運転していた元キャリア官僚とその家族には容赦ない誹謗中傷が浴びせられる。高齢ドライバーによる衝撃的な事故は何をもたらしたのか。被害者と加害者を2年間追い続けた記録が、放送される。

 また、番組テーマ曲は、小田和正の「the flag」。小田が歌う「汚れなき想いと 譲れない誇りと 迷いのない心は どこへ行ったんだろう」「あの時掲げた 僕らの旗だけが 今も揺れている」という歌詞をはじめ、人の想いに寄り添い、時代の風を感じながら方向性も示している楽曲のメッセージが番組コンセプトにマッチしていると、番組スタッフが考え、テーマ曲の起用に至った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ