プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『キャラクター』小説版&マンガ版発売 それぞれ異なる展開と結末

(左から)映画『キャラクター』ポスター、ノベライズ版書影、コミカライズ版のコマ抜き (C)2021映画「キャラクター」製作委員会(C)長崎尚志/小学館の画像

(左から)映画『キャラクター』ポスター、ノベライズ版書影、コミカライズ版のコマ抜き (C)2021映画「キャラクター」製作委員会(C)長崎尚志/小学館

 俳優の菅田将暉が、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう漫画家・山城圭吾役で主演する映画『キャラクター』(6月11日公開)のノベライズ版&コミカライズ版の発売が決定。“映画と異なる”展開と結末が楽しめることがわかった。

【画像】コミカライズ版の連載が始まる「月刊!スピリッツ」5月号

 もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら? しかも、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら?? そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯するダークエンターテインメント。

 『20世紀少年』『MASTERキートン』をはじめ、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志氏が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画。実写映画には、主演の菅田、天才的な殺人鬼・両角(モロズミ)役でSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukase、さらに小栗旬、中村獅童、高畑充希らが集結。『世界から猫が消えたなら』(2016年)、『帝一の國』(17年)、『恋は雨上がりのように』(18年)など、作品ごとに新しい映像世界を作り上げてきた永井聡が監督としてメガホンを取る。

 ノベライズ版は映画の原案者であり、脚本を手掛けた長崎氏自らが執筆。5月7日に発売される。コミカライズ版『キャラクター』(漫画:いわや晃 原案:長崎尚志、脚本:長崎尚志/川原杏奈/永井聡)は、今月27日発売の「月刊!スピリッツ」(小学館)5月号から短期集中連載後、単行本(全1巻)が5月28日に発売される。

 映画・小説・漫画…それぞれで異なる展開と結末が描かれ、映画に先んじて発売されるノベライズ版とコミカライズ版を読むことでより映画を楽しめること間違いなし。長崎氏は「彼ら(登場人物)の選択の違いが、別な方向に向かった……いわば映画版『キャラクター』のパラレルワールドともいうべきもの! 同時に、映画に用意された少し謎に満ちたラストシーンを紐解く解説本にもなっています!」と語っている。

■長崎尚志氏のコメント全文 (原案・脚本/ノベライズ著者・コミカライズ脚本)

 映画『キャラクター』は企画段階でさまざまな映画監督の間を行きつ戻りつし、実現までにほぼ10年を費やした作品です。それだけに書いたシナリオは実に20稿! それぞれが異なった結末になっています。

 小説版『キャラクター』はその中で、どれが映画版と同じくらい面白いか担当編集者に吟味してもらい、選ばれた第12稿をもとに創作したものです。冒頭はほぼ映画版と同じ流れですが、中盤から大きく変わり、終盤はまったく異なる展開になっています。

 マンガ版『キャラクター』は映画のシナリオを、マンガ家のいわや晃氏にそのままお渡しし、「好きなように変えていいですから」と言づけたもの。いわや氏もまた、映画版と同じではつまらないと、ラストは驚愕の展開になっています。

 とはいえ、小説もマンガも、登場人物、キャラクター、人間関係――すべて映画と同じ! 彼らの選択の違いが、別な方向に向かった……いわば映画版『キャラクター』のパラレルワールドともいうべきもの! 同時に、映画に用意された少し謎に満ちたラストシーンを紐解く解説本にもなっています! 映画をご覧になる前に(あるいは読んだあとに)、ぜひ小説版、マンガ版をご一読いただくことをお薦めします。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ