プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ふかわりょう『5時夢』卒業に未練? 後任の垣花正をイジり倒す「正直、後悔」

垣花正をイジり倒したふかわりょう (C)ORICON NewS inc.の画像

垣花正をイジり倒したふかわりょう (C)ORICON NewS inc.

 東京メトロポリタンテレビジョンは23日、東京・半蔵門の同局内で4月改編会見を行い、“異例のMCトレード”を果たす、TOKYO MX『5時に夢中!』(月~金 後5:00)のMCを務めるタレント・ふかわりょう(46)と、同局『バラいろダンディ』(月~金 後9:00)MCのフリーアナウンサー・垣花正(49)が出席。ふかわが、垣花をイジり倒して笑いを誘った。

【写真】ふかわりょうにイジり倒された垣花正

 垣花は「『5時に夢中!』といえば、17年の歴史を誇る、TOKYO MXの看板番組ということで、私はラジオでアナウンサーをやってきて、フリーになる決断をした時に、何をやりたいのって聞かれた時に出たいですって言った番組でもあります。そして、最初に出させていただいた番組も『5時に夢中!』で、ふかわりょうさんに大変おいしくしていただきまして」と感謝。ふかわは「正直後悔していますよ(笑)。(5時に夢中のテーマ曲が流れる中で、垣花が登場し)なんでコイツが出ているのって思いました」と笑わせた。

 垣花は「ふかわさん、きめ細やかな繊細なMCという印象があるのですが、僕のことを例えた時にうるさい打楽器と言われまして…。果たして吉となるのか凶となるか。足を引っ張らないように」と意気込み。垣花が「ふかわさんが『5時に夢中!』のMCを卒業するというネットニュースの書き込みを見ていると、落胆の中に、垣花の顔だけは受け付けないというのがあって…」と明かすと、ふかわが「それを書いているのは私です。どうか、そういう世論を巻き起こそうとしていますから」と冗談を交えながら、会見の雰囲気を温めた。

 ふかわは「まだ実感がわかないのですが、きょう、この会見で私が一抹の不安を抱いているのが、垣花正さんのプロダクション関係のオールスターの方々が来ているんですよ。ホリプロさんが本気を出しているなと(笑)。『5時に夢中!』のMCをやるのが重きを置かれているんだなと感じました」と率直な思いを吐露。垣花は「ふかわさんが9年も作ってきたすばらしい土地ですので、大事な雰囲気は残しながら、頑張ります」と言葉に力を込めていた。

 『5時に夢中!』MCのふかわは、23日をもって番組を卒業し、4月からリニューアルする『バラいろダンディ』新MC(月~木)に就任。番組は「“東京に住む40代以上のお父さん”に向けて、歳を重ねても健康で、色気ある、おしゃれでカッコいい男性になるための情報を伝える」を新たなコンセプトとして掲げ、「食」「あそび」「美容・ファッション」といった曜日ごとのテーマに応じて、これまで以上に“ダンディな男性”になるための情報にこだわって届ける。金曜MCは、俳優の原田龍二(50)を抜てきし、杉村太蔵(41)が月曜コメンテーターとして新たに加入する。

 一方、『バラいろダンディ』MCの垣花は、4月から『5時に夢中!』に就任。夕方の時間帯に、各界を代表するコメンテーターたちが“視聴者の代弁者”として本音トークを繰り広げているこの同番組で、垣花が、コメンテーターたちから、さらなる本音トークと新たな側面を引き出しす。さらに、ミュージシャンの松田ゆう姫(33)、画家の杉田陽平氏(37)が水曜コメンテーターとして新たに加入。30代の若き2人が『ゴジム』に新たな風を吹き込む。

 会見にはそのほか、堀潤、平井理央も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ