プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

子離れできない父親の愛とねじれを巧みに描く、イスラエルの監督の手腕

最新作『旅立つ息子へ』が3月26日より公開されるニル・ベルクマン監督 (C)Dan Hirschの画像

最新作『旅立つ息子へ』が3月26日より公開されるニル・ベルクマン監督 (C)Dan Hirsch

 史上初にして唯一、「東京国際映画祭」で2度のグランプリ受賞を果たしたイスラエルの映画監督ニル・ベルクマン。彼の最新作『旅立つ息子へ』が26日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかで全国公開される。監督が、普遍的な父親の愛、子離れできないある理由、大好きな日本の観客への思いを語ったインタビューを紹介する。

【動画】映画『旅立つ息子へ』予告編と本編映像

 ベルクマン監督は、1969年イスラエル・ハイファで生まれ、98年にエルサレムのサム・スピーゲル映画テレビ学校を優秀な成績で卒業。父親を失った家族の崩壊と再生を描いた『ブロークン・ウィング』(2002年)で長編デビューし、「第15回東京国際映画祭」でグランプリ受賞。小さい頃、監督自身の両親が離婚した経験をきっかけに描かれた。2作目の『僕の心の奥の文法』(10年)では、思春期の心の揺れと大人への抵抗を描き、「第23回同映画祭」でグランプリを受賞した。

 家族の繊細な姿を描き続けてきたベルクマン監督が最新作で描くのは、自閉症スペクトラムを抱える息子を全力で守る父と、父の愛を受けとめて心優しい青年に成長した息子の実話を基にした物語。

 世界でいちばん愛する息子のために、キャリアも捨て、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父。田舎で2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れる。

 原作の「The Book of Intimate Grammar」を読んだ時、自分の人生と重なったことから映画化したというベルクマン監督。脚本家ダナ・イディシスの自閉症スペクトラムの弟と父親をモデルに描かれた長編5作目となる本作は、イスラエル・アカデミー賞で監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞受賞を総ナメし、世界中で高い評価を得て話題を呼んだ。

 まずこのテーマで映画を撮ろうと思ったことについてベルクマン監督は振り返る。「自閉症スペクトラムの息子を育てる父親を描いていますが、私はシンプルに“父親”を描きました。私自身、初めて父親になった日に息子を見て、心が震えたからです。この子は世界で一番、おだやかで優しく、壊れやすい存在だと。私は危険な世界から、この子を守れるだろうかと。本作のアハロンも同じことを考えたはずです」と、父親になって初めて感じた思いを重ねたと語る。

 親子を描く上で、監督自身が意識したことについて「息子を守ろうという父の思いは、国境や文化を越えて共感を呼ぶものだと思います。危険な世界から愛しい誰かを守るというテーマは、身近なものですからね。私は劇中にある“ねじれ”がとても気に入っています。父親は息子のためにキャリアを捨てたのではなく、自分の繊細かつもろい性格ゆえに、子育てという盾を手にして現実逃避したのです。実は息子を利用しているのです。アハロンを苦しめる葛藤は、人生に悩む人々の共感も得られると思います」と、さらに深い物語の存在を教えてくれた。

 キャラクターのリサーチについては「息子ウリ役のノアム・インベルと私で、自閉症スペクトラムの人々が暮らす施設へ数ヶ所出向きました。そこで分かったのは、自閉症スペクトラムはかなり幅広いということです。施設で出会った人々は、それぞれが違い特別だったので、私たちもウリのキャラクターを、特別なものにしようと試みました」と話す。

 ウリ役を演じたノアム・インベルは、新人ながらリアリティあふれる天才的な演技で『ギルバート・グレイプ』のレオナルド・ディカプリオの再来を彷彿させると世界中で評判に。実は、父親が自閉症スペクトラム施設の職員で、小さい頃から施設の友達と一緒に育った経験がキャラクターを理解する助けになったようだが、それを加味しても、彼の演技には目を見張るものがある。父親役のシャイ・アヴィヴィはイスラエルで活躍するベテラン俳優だが、彼もまた息子への想いを全身で表現。2人の熱演が、観客の心を大きく揺さぶるのは間違いない。

 本作の参考にした映画については「撮影監督のシャイ・ゴールドマンと、カメラと登場人物との間に、適切な距離感がある作品を参考にしようと話していました。選んだのはケネス・ロナーガン監督の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016年)です。思いやりをもって彼らを観察しているような透明感ある演出に、感銘を受けました。私たちが目指したのは、この方法にならい、登場人物と彼らの関係性によって展開されていく映画でした」とコメント。

 好きな日本の映画についての質問には、「小津安二郎や黒澤明といった名匠はもちろん、滝田洋二郎監督、北野武監督、そして是枝裕和監督を尊敬しています。イスラエルで最も有名な映画評論家の1人から、本作と是枝監督の作品を比較され、とても誇りに思いました」と、語っている。

 実は、本国イスラエルではコロナ禍の影響により、まだ公開の目処が立っていない本作。そんななか、縁ある日本でいよいよ公開を迎える。日本の観客に向けて、「この映画が上映される瞬間、どれほど皆さんと一緒にいたいか、どれほど皆さんと一緒にこの映画を感じたかったか。私は本当に日本が大好きで、観光客として、また2度もグランプリをいただいた東京国際映画祭に監督として訪日しています。この映画では、日本的なものを感じてもらえると思っていますが、それが何かは私はうまく説明することができません。きっと皆さんの方が、発見し、理解してもらえるものと信じています。この映画を観て、共感して、楽しんでもらえますように願っています。そして近い将来、お会いできる日が来ることを心待ちにしています。その時まで、皆さんと、皆さんの大切な人たちの健康を祈り、一日も早く日常に戻ることを祈っています」と、メッセージを送っている。

 このインタビューとともに、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を彷彿とさせるような親子の繊細な瞬間を絶妙に捉えた新たな場面写真(息子ウリを心配げに見つめる父親アハロンの姿、リゾート地でふたり離れて腰掛けている場面、愛おしそうに体を寄せあっているカット)も公開された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ