プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中みな実、ジェーン・スー原作ドラマ出演 ラジオお悩みコーナーにアナ役で登場「大変光栄です」

田中みな実、ジェーン・スー原作ドラマ出演(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会の画像

田中みな実、ジェーン・スー原作ドラマ出演(C)「生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実が、テレビ東京「ドラマ24」の『生きるとか死ぬとか父親とか』(4月9日スタート、毎週金曜 深0:12~0:52※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12~0:52)に出演することが決定。劇中で『トッキーとヒトトキ』のメインパーソナリティーを務める主人公・蒲原トキコ(吉田羊)の相方として、番組を進行するアナウンサー・東七海を演じる。

【写真】かもめんたるのう大、ハライチ岩井、アルピー平子も登場

 愛きょうはあるが自由奔放な父と、それに振り回される中年の娘のおもしろおかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語。ジェーン・スー自身をモデルにした主人公を吉田、70代の父親を國村隼が演じる。

 本作のもうひとつの見どころである劇中のラジオ番組『トッキーとヒトトキ』の「お悩み相談コーナー」。ジェーン・スー自身のラジオ番組でも不動の人気を誇るコーナーだが、田中が同コーナーにアナウンサー役として登場する。

 番組のエンディングテーマが、ヒグチアイの「縁」に決定。さらに、かもめんたるの岩崎う大、ハライチの岩井勇気、アルコ&ピースの平子祐希も本編に登場することが決定した。今回の発表を受け、田中がコメントを寄せた。

■田中みな実
局アナの頃から親交があるジェーン・スーさん原作の本ということで、お話をいただいたときの感慨もひとしおでした。スーさんが大切にされているラジオの仕事でかかわる人物を演じる機会をいただけて大変光栄です。あたたかく、リアルで、飾らない日常に起こる小さな事件、心の機微、戸惑い。共感することがとても多かったです。私が演じた東七海が抱える悩みは、きっと自身も局に在籍し続けていたら訪れたであろう問題で、現実味を帯びた内容に胸が締め付けられました。劇中で描かれるラジオ番組『トッキーとヒトトキ』は、小道具や演出など細部にまでこだわっていて本物の番組さながらでした。局アナの頃からラジオの仕事に携わっている身として、よりリアリティーを追求できるよう、ご提案できることはさせていただきました。

今回、共演の吉田羊さんから学ぶこと、得ることが多く、お会いする度に刺激を受けました。羊さんのお芝居を目の前で見て、感じて、受け止めることができて、願ってもないような経験をさせていただきました。ふたりのやりとりはアドリブも多いので、そこにトキコと東の信頼関係みたいなものが垣間見えるといいなと思います。そして、羊さんのお人柄にすっかり魅了された私は、クランクアップしてからも日々羊さんを想っております(笑)。大好きな原作がドラマに。単にハートフルな作品ではありません。心の奥がチクチクと疼(うず)くかもしれません。でも、トッキーさんが共に考え、寄り添い、言葉を紡いでくれます。ひとりじゃないんだ、大丈夫。観終わったあとに気持ちがふわっと軽くなるような作品です。ご期待ください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ