プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ミス日本』松井朝海さん、父娘で“日本一”獲得「やったよ!」 父はボートレース界のレジェンド

『第53回ミス日本コンテスト2021』グランプリに輝いた大阪出身の関西学院大学4年・松井朝海さん (C)ORICON NewS inc.の画像

『第53回ミス日本コンテスト2021』グランプリに輝いた大阪出身の関西学院大学4年・松井朝海さん (C)ORICON NewS inc.

 女優の藤原紀香、タレントの叶美香らを輩出した『第53回ミス日本コンテスト2021』の最終審査が22日、都内で行われ、大阪出身の関西学院大学4年・松井朝海さん(まつい・あさみ/22)がグランプリに輝いた。

【写真】スポーツウェア審査では…スラリとしたスタイルを披露した松井朝海さん

 大会直後の取材で「幸せに思います」と喜びを爆発させた松井さんは「コロナによって対面が難しくなっている時代ですが、対面のお仕事はもちろん、配信やネットを通じていろいろなお仕事をしていければ」と気合十分。将来は「ファッションモデル」を夢見ており、「憧れの新井貴子さんと同じショーに出たい。それに向かって精いっぱい、内面の美、外見の美、行動の美を培っていきたい」と言葉に力を込めた。

 また、ボートレーサーの松井繁(51)を父に持つ松井さんは「絶対的に喜んでくれると思います」とほほ笑みながら、「父は尊敬していますし、私が絶対に超えることのできない存在だと思っています」と語った上で「父のようになれるようになれるか不安ですが、いつか父を超えたと思えるように頑張っていきたい」と、まっすぐ前を向いた。

 父は、生涯獲得賞金でトップに君臨するボートレース界のレジェンド。父娘そろって“日本一”に輝いたことを祝福されると「父のファンの方から『二人そろってグランプリを獲ってください』とずっと言っていただいて、私もそれをかなえたいと思っていました。でもいざ受賞してみると実感が沸かないものですね」と心境を明かした。続けて「応援してくださった皆さまに『やったよ!』と伝えていですね」と声を弾ませていた。

 「日本らしい美しさ」をかかげ、社会で活躍することを後押しする同コンテスト。現存する日本のコンテストでは最も古い歴史を持っており、女優だけでなく、芸術家、映画監督、政治家など分野を問わず多くの女性を輩出している。

 今大会から伝統的に続いていた“水着審査”が廃止され、ファイナリスト13人は着物、ドレス、スポーツウェアに身を包んで魅力を振りまき、質疑応答で自身のポリシー、今後の抱負などを語った。

 グランプリのほか、「水の天使」に東京出身の青山学院大学2年・嶺百花さん(みね・ももか/20)、「みどりの女神」「ミス着物」に神奈川出身の慶應義塾大学3年・小林優希さん(こばやし・ゆうき/21)、「海の日」に群馬出身の明治学院大学2年・吉田さくらさん(よしだ・さくら/20)、「ミススポーツ」に兵庫出身のパフォーマー・高垣七瀬さん(たかがき・ななせ/22)が選出された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ