プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

綾瀬はるか『天国と地獄』最終回20.1%で有終の美 NHK大河『青天を衝け』超え

『天国と地獄~サイコな2人~』最終回より(左から)綾瀬はるか、高橋一生 (C)TBSの画像

『天国と地獄~サイコな2人~』最終回より(左から)綾瀬はるか、高橋一生 (C)TBS

 綾瀬はるか主演、高橋一生が共演するTBS系ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(毎週日曜 後9:00)の最終回(第10話)が21日、放送され、番組最高となる平均視聴率が20.1%(世帯)、12.0%(個人)だったことが22日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。NHK大河ドラマ『青天を衝け』(2月14日放送)の初回20.0%を0・1ポイント上回り、今年の全ドラマで1位の高視聴率を記録した。

【最終回カット】綾瀬はるかの制服姿やハグショット 高橋一生は衝撃の姿に…(ネタバレあり)

 同ドラマは、初回が16.8%の高視聴率でスタート。その後も13~14%台と好調を維持しており、特に5話以降は13.2%(第5話)、14.7%(第6話)、14.7%(第7話)、14.8%(第8話)、16.5%(第9話)と、ストーリーの盛り上がりとともに視聴率も上昇を続けていた。

 今作は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)や『義母と娘のブルース』(2018)など綾瀬とのタッグで話題作を生み出してきた森下佳子氏によるオリジナル作品。綾瀬演じる警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わってしまう、究極の“入れ替わりエンターテインメント”を描いた。

■最終回あらすじ
日高(高橋)が逮捕された。「絶対に助ける」と日高に告げた彩子(綾瀬)だったが、何もできないまま河原(北村一輝)によって彼の取調べが始まる。東(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)も事情を聞かれるが、彩子のことを心配しながらも複雑な心境でいた。連続殺人事件の主犯は誰なのか、真相にたどりつけない警察。彩子は真実を明らかにするため、行動に出る――。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ